鹿児島 グルメ情報

豚とろ 天文館本店:豚とろチャーシューメンが絶品!!【グルメ・鹿児島】

先週、鹿児島に行ってきました。

鹿児島と言えば、黒豚、さつま揚げ、お魚…とおいしいものがたくさんある土地ですが、ラーメンも外せません。

ということで、行列のできるラーメン屋 「鹿児島ラーメン豚とろ」 に行ってきました。

早速、紹介しましょう。

豚とろ 天文館本店:豚とろチャーシューメンが絶品!!【グルメ・鹿児島】

お店は鹿児島の繁華街 天文館のバス停からちょっと離れたところにあります。

歩いて5分~10分といったところ。

道のカドにあり、最初はちょっとわかりづらいかもしれません。

お昼時過ぎでも行列が…

お店に着いたのは14時頃でお昼時を過ぎていたにもかかわらず、10人ほどの人が並んでいました。

並んでいる間に店員さんがメニューを聞きに来ました。

事前にメニューを聞いているためか、回転はそれほど悪くなく、10分~15分ほどで中に入れました。

店内は…

こじんまりとしていて、テーブル席が4つほどあり、カウンターも何席かありました。

全体で25人~30人ほど入れるようです。

僕たちは合い席となりましたが、別のお客さんとは結構離れていて、それほど窮屈ではありませんでした。

ラーメンを待っている間に…

鹿児島のラーメン屋には漬け物が置いてあり、ラーメンを待っている間にそれを食べるそうです。

ということで、僕たちもたくわんの漬け物をボリボリといただきました!!

いよいよラーメンが!!

▲そんなこんなしていると、ついにラーメンがきました。

今回注文したのは“豚とろチャーシューメン”!

具は豚とろチャーシュー以外に、きくらげ、青ネギ、焼きネギがのっています。

今回、煮玉子もトッピングでつけました。

早速いただきました!!

麺は中太麺でスープがしっかりからんで食べごたえがあります。

スープは濃厚ですが、臭みはなく、ぐいぐいいける感じです。

そして、このラーメン屋の名物である豚とろチャーシュー。

豚とろとは豚の首まわりの肉だそうですが、その名の通り、かなりとろっとろっで、ものすごくおいしいです。

このチャーシューはくせになりそうです。

まとめ

博多ラーメンとは違って、スープがかなり濃厚でしたが、チャーシューのとろとろ感と相まって、とってもおいしかったです。

ただ、あっさりめのラーメンが好きな人にはちょっと胃もたれするかもしれません。

でも、さすが行列ができるだけあります。

この豚とろは、博多にも出店されているので、鹿児島だけではなく、福岡でも食べることができます。

ぜひとも、この豚とろラーメンを味わってみて下さい!!

今回行ったお店は…

豚とろ_1
鹿児島ラーメン豚とろ 天文館本店

〒892-0844 鹿児島県鹿児島市山之口町9-41

ちなみに福岡には2店舗 1店舗あります。
豚とろらーめん_3

鹿児島ラーメン豚とろ アミュプラザ博多店

福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1

関連記事

  1. あわび・うにのせのせ丼
  2. もつ鍋
  3. グルメ

    博多区博多 博多餃子と焼き鳥の一虎:福岡の郷土料理をリーズナブルな値段でいただける!焼き鳥や餃子、ゴ…

    先日、福岡市で開催されたスピッツのライブの後にふらっと立ち寄ったお店が…

  4. カキのアヒージョ

    グルメ

    ワイン酒場 トリッパ:ワイン好きにはたまらないおしゃれなイタリアンのお店!!【グルメ・熊本】

    熊本市の繁華街 上通りにあるイタリアンのお店 「ワイン酒場 トリッ…

  5. 熊本ラーメン

    グルメ

    熊本ラーメン 熊本のおいしい食べ物シリーズ その4:マー油が特徴のラーメン【グルメ・熊本】

    熊本を応援しようということで、熊本のおいしい食べ物を紹介してい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの読者になってみませんか?

follow

おすすめ記事

  1. A列車で行こう

検索


アーカイブ

  1. ブログを挫折せずに続けられるコツ

    ブログ

    2年間毎日更新してきた僕が教えるブログを挫折せずに続けられる10のコツ【ブログ】…
  2. 『伝わる書き方』

    ブック 書評

    『伝わる書き方』 by 三谷 宏治:自分の言いたいことをきちんと伝える書き方が学…
  3. 伝わる文章の書き方

    ブック 書評

    『伝わる文章の書き方』 by 高橋 廣敏 〜 漠然と書いている文章の書き方がスッ…
  4. 第2回 熊本ブロガー会

    ブログ

    第2回 熊本ブロガー会を開催しました! ~ テーマはカテゴリー分けとネタ集め。ブ…
  5. 世界一やさしいブログの教科書1年生

    ブック 書評

    『世界一やさしいブログの教科書1年生』 by 染谷昌利:ブログ初心者をはじめ、い…
PAGE TOP