黒亭_玉子入りラーメン

グルメ

黒亭:他店ではあまりない玉子入りラーメンを食べてきた!!【グルメ・熊本】

 

 

家庭の用事で先週末、熊本に行っておりました。

久しぶりの熊本だったため、久々に熊本ラーメンでも食べたいな~と思い、ラーメンを食べに行くことに。

最初は有名な「桂花ラーメン」に行こうと思っていたんですが、違うとこもいいかなということで、「黒亭」に行くことに。

「黒亭」は九州以外ではあまり知られていないかもしれませんが、熊本では結構有名なお店です。

熊本は以前住んだこともあり、何度も行っている私ですが、実はおそらくここに行くのは初めて…

知っている方もたくさんいらっしゃると思いますが、このお店をちょっとレポートします。

 

スポンサーリンク

 

お店について

今回行ったお店は

黒亭

〒860-0051 熊本県熊本市西区二本木2丁目1-23
JR熊本駅から徒歩5分 
バス、市電「A」系統共に「二本木口」下車、徒歩5分

お店は熊本駅に続く大通りをちょっと入ったところにあります。

お店はこじんまりとしていて、30名ほどが入れるスペースです。

自分が行ったのは日曜の18時頃でしたが、だいたい半分くらいが埋まっていました。

でも、平日はたぶん混んでいるんではないかと思われます。

店内は比較的キレイでした。

 

スポンサーリンク

 

いざ、注文!!

メニューですが、ラーメンの種類はそれほど多くありません。4種類ほど。

あとは豚そぼろ丼やおにぎりなど…

今回はおそらく初めてということで、お店おすすめの玉子入りラーメンとおにぎりを注文しました。

 

スポンサーリンク

 

玉子入りラーメンとは…

最初におにぎりが来て、しばらくしてラーメンが来ました。

玉子入りというと、普通は煮玉子を想像すると思いますが、このお店はなんと生卵!!

しかも2つも入っています。

▲スープには熊本ラーメン独特の焦がしにんにく油がかかっています。

トッピングには玉子の他に、チャーシュー、きくらげ、もやしがのっていました。

スープの方は、とんこつながらあまり油っぽくなく、あっさりめ。

焦がしにんにく油がアクセントになり、とてもおいしいです。

麺は中細くらいのストレート麺。

熊本ラーメンの標準の太さといった感じでしょうか。

トッピングのチャーシューもとてもおいしかったです。

さて、ラーメンに入っている生卵ですが、これ、潰してスープに混ぜるんではないんです。

▲このようにレンゲにすくって、れんげの上で麺などをからませて食べます。

おそらく、スープに混ぜると怒られます!!(笑)

この生卵に麺などをからませると、またこれがおいしい!!!

なかなかこういう食べ方はないと思うので、ぜひ一度試してみて下さい!!

 

スポンサーリンク

 

まとめ

ということで、「桂花」と比べるとあっさりめな感じでしたが、こちらも熊本ラーメンらしく焦がしにんにく油が入っていて、とてもおいしかったです。

また、こちらも定期的に通いたいなと思いました。

改めて、今回行ったお店は、

黒亭

  • 住所: 〒860-0051 熊本県熊本市西区二本木2丁目1-23
    JR熊本駅から徒歩5分 
    バス、市電「A」系統共に「二本木口」下車、徒歩5分
  • 電話: 096-352-1648
  • 営業時間: 10時30分~20時00分


大きな地図で見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

 

 

前のページ

次のページ

 

こちらの記事もどうぞ!

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの読者になってみませんか?

follow

おすすめ記事

  1. 「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる
  2. ホテルドーミーイン高松
  3. 熊本城
  4. 串あげとお酒の店 きよた

検索


アーカイブ

  1. くまニッチ

    ブログサポートサービス

    熊本のお知り合いの方のサイトにブログメンテナンスサービスを実施!今回は有料テーマ…
  2. 県庁前グリーンホテル会議室

    熊本ブロガー会

    熊本初となるブロガー会を開催!!〜ブログの悩みを共有しあえて楽しかった!!【ブロ…
  3. ブログ

    ブログを続けられる人がアクセス数よりも大事にしていること【ブログ】
  4. 熊本ブロガー会

    僕が熊本ブロガー会を開催し続ける3つの理由【ブログ/熊本ブロガー会】
  5. ブログ

    ブログで生活が充実する! 〜 ブログの楽しさを伝えるシリーズその3
PAGE TOP