4DX

エンターテイメント

  公開日:2017/01/19     更新日:2017/06/29

4DXを体感してきた!!~鑑賞前の注意事項や体感した感想など【エンターテイメント・映画】

 

 

先日、久しぶりに映画館に映画を観にいってきました。しかも 「4DX®デジタルシアター」 で!!

4DX®は初めての体験だったのですが、ものすごく楽しめました!!

「ん?そもそも4DX®ってなに?」と思われた方もいますよね。

ということで、この記事では4DX®とはなんぞやという説明から、事前に注意しておきたいこと、そして実際に体験した感想を書いていきます。

 

スポンサーリンク

 

「4DX®デジタルシアター」とは?

まずは「4DX®デジタルシアター」(以下、4DX®)について説明します。

4DX®は今、あちこちの映画館に拡大している映画上映システムです。

僕が今回行った映画館「ユナイテッド・シネマズ」のホームページではこのように紹介されています。

4DX®とは、現在、映画業界で最も注目を集める、最新の<体感型(4D)>映画上映システムです。
モーションシートが、映画のシーンに完全にマッチした形で、前後&上下左右に<動き>、その衝撃を再現。
さらに、嵐等のシーンでは<水>が降り、<風>が吹きつけ、雷鳴に劇場全体が<フラッシュ>する他、映画のシーンを感情的に盛り上げる<香り>や、臨場感を演出する<煙り>など、様々なエモーショナルな特殊効果で、≪目で観るだけの映画≫から≪体全体で感じる映画≫の鑑賞へと魅力的に転換致します。
通常のシアターでは得ることができない特殊効果によって、映画の持つ臨場感=魅力を最大限開放することができる、アトラクション・スタイルの映画上映システムです。

解説動画もあります。こちらです。

この紹介にもあるようにスクリーンに写し出される映像に合わせて座席が動いたり振動したり、雨が降っているシーンでは水が降ってきたり、風が吹いているシーンでは実際に風が吹いたり、はたまたにおいがしそうなシーンでは香りがただよってきたりと、目と耳で観るだけではなく、まさにいろんな体感ができる上映システムなのです!

もうこれは単なる映画ではなくアトラクションです!!

 

スポンサーリンク

 

4DX®で鑑賞する前に注意しておきたいこと

ただ見るだけの上映システムではないだけに鑑賞にあたっての注意事項があります。

映画館には注意事項が書いてあるパネルが置いてあります。

4DX注意事項

▲このようなパネルがあります。

また、4DX®を鑑賞する場合、カウンターでも同じような紙が配布されます。

ここに書かれているのは、テーマパークのアトラクションに乗る前の注意事項とあまり変わりません。

でも、テーマパークと違って気になるのは飲食のことでしょう。
やはり映画はポップコーンなどをつまみながら観たいですからね。

では、4DX®ではどうなのでしょうか?

基本的には飲食は可能です。

座席が動くものの、飲み物であればフタをしていれば大丈夫です。

ポップコーンはそのままだとこぼれてしまう可能性が大きいので袋に入れ替えてもらいます。
これはポップコーンを買う際にお店の人に4DX®で鑑賞すること伝えれば入れ替えてもらえます。

また荷物は基本的に座席には置けませんので専用のロッカーにあずけます。

あと映画のシーンによっては前方から水しぶきがかかることがあります。
びしょ濡れになることはありませんが、かなり服が濡れてしまいます。
もし気になるようであれば、濡れてもいい服装で行くことをオススメします。

ちなみに水しぶきは席のスイッチでオン・オフが可能です。

 

スポンサーリンク

 

実際に体感した感想は?

今回、この4DX®で映画を観てきました!

実際に体感した感想は…

まず本編の映画が始まる前に4DX®のデモンストレーション映像が流れ、ひととおりの特殊効果が体験できます。
まったく初めての体験だったため、ここでかなり驚いてドキドキしてしまいました。

その後、本編が始まります。

それはまさに!

車に乗っているシーンであればシートが動き、振動します!
風が吹いているシーンでは風が吹いてきます!
雨が降っているシーンでは上から水が落ちてきます!
嵐のシーンでは館内が光ります!
海に入るシーンでは前方から水しぶきがかかります!
銃で打ち合うシーンでは耳もとで空気圧がかかります!
そして香りがしてきます!

本当にシーンに合わせていろいろな体験ができます!

ずっと体感しているわけではないので、車酔いのような感じにはならないでしょう。
ただ、今回、観た映画では後半部で戦闘シーンがあり、かなり長い時間揺れたりしていましたが。

あと、映画の俳優の目線と自分目線が違うので、いまいち臨場感を感じられない場面もありました。
特に銃で打ち合うシーンの空気圧はいらないような気がしました。

とはいえ、映画とシンクロして特殊効果が体感でき、とても楽しめましたよ!

 

スポンサーリンク

 

おわりに

この記事では4DX®についての説明から鑑賞前の注意事項、そして実際に体感した感想を書いてきました。

4DX®は映画のシーンに合わせていろいろな特殊効果を体感することができ、映画により臨場感を感じることができるのではないでしょうか。

ただ、4DX®で上映されているからといって、いつもこの4DX®で観るというのはオススメしません。

というのは、鑑賞料金が高いからです。

4DX®で鑑賞する場合、通常料金にプラス1,000円かかってしまいます。
さらに3D作品の場合はその料金も追加されてしまいます。
僕が今回観た映画では3,200円かかってしまいました。

これはもうテーマパークのアトラクションレベルです。

とてもではないですが、毎回この料金を支払うのはちょっと無理があります。

ということで、観たい作品で4DX®で観るとさらに面白そうと思えるときだけ観るといいでしょう。

とはいえ、4DX®はとても面白い上映システムです!

一度体感してみることをオススメします!!

最近の記事はこちら

 

 

 

関連記事

  1. Spotifyエントリー
  2. この世界の片隅に
  3. ラプソディー・ジャパン
  4. オーケストラ

    エンターテイメント

    やはり生演奏は素晴らしい!!コンサートやライブに行ってみよう!!【エンターテイント・音楽】

    昨日、およそ5、6年ぶりにオーケストラのコンサートを聴きに行きました!…

  5. エンターテイメント

    久しぶりに観た映画『スプリット』が恐すぎてテンションが下がってしまった夜

    久しぶりに映画館に足を運び映画を観てきました。観た映画はM・ナイト…

このブログの読者になってみませんか?

follow

おすすめ記事

  1. ラプソディー・ジャパン
  2. ステイソル ザ スタンフォード 部屋からの景色

検索


アーカイブ

  1. 日記ブログでもきちんと読んでもらえる5つのコツ

    ブログ

    日記ブログでもきちんと読んでもらえる5つのコツ【ブログ】
  2. 第2回 熊本ブロガー会

    熊本ブロガー会

    第2回 熊本ブロガー会を開催しました! ~ テーマはカテゴリー分けとネタ集め。ブ…
  3. 第6回 熊本ブロガー会

    熊本ブロガー会

    第6回 熊本ブロガー会開催レポート 〜 ざっくばらんな座談会でも開催する意味があ…
  4. ブログ

    ブログとはなんぞや?ブログの基本的なことについて 〜 ブログの楽しさを伝えるシリ…
  5. ブック 書評

    『10倍速く書ける超スピード文章術』 by 上阪 徹 〜 執筆に時間がかかりすぎ…
PAGE TOP