料理

その他 グルメ情報

  公開日:2017/01/26     更新日:2018/10/26

料理の基本を学びなおしてみる!!【グルメ・その他】

 

 

僕はほぼ毎日のように料理を作っています。

以前、男性の皆さんにも料理をオススメする記事を書いたことがあります。

これらの記事です。

そんな僕ですが、料理の基本がしっかりできているのかというとちょっとあやしいところもあります。

そんなときにふと前に買っていた本のことを思い出し、料理の基本を学びなおしてみようと考えたのでした。

 

スポンサーリンク

 

料理の基本とは?

料理の基本とは包丁の使い方や切り方だったり、だしの取り方だったり、調味料のはかり方や使い方だったりなどです。

包丁の切り方だけでも”千切り””乱切り””くし切り”などたくさんの切り方があります。

僕はこれまで奥さんから聞いたり、テレビの料理番組を見たりして、ある程度基本は学んできたつもりです。

ただ、みじん切りは正しい切り方ではなかったためきちんと切れてなかったり、魚のさばき方についてはまったく知らなかったりしました。

まあ、魚についてはそんなに頻繁にさばくわけではないのであまり必要ないかもしれませんが、知っているに越したことはありません。

そのほかにもこれからさらに料理をおいしく作っていくためにも、料理の基本を学びなおすのは有効だと考えました。

そこで思い出したのが、前に買っていたこの本でした!

 

スポンサーリンク

 

料理の基本を学びなおすために…

その思い出した本がこれです!

この本はそれほどページ数がある本ではありませんが、料理の基本とひととおり書いてあります。

この中には、包丁の基本(包丁の種類や使い方)野菜の基本(洗い方や切り方)魚介の基本(魚のさばき方や魚介の下ごしらえ)肉の基本(肉それぞれの部位の名称や下ごしらえ)だしの基本(だしの取り方)調味料の基本(調味料の種類)などが書かれています。

また、食材の選び方や保存法についても書かれています。

さらにレシピも載っているので、この本を見て料理を作ることもできます。

この本を読めばひととおりは料理の基本は学べるというわけです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

僕は特にお店を出そうとしているわけではないので、そこまで料理を極めるつもりはありません。

でも料理の基本をしっかりと学びなおしておくことは、おいしい料理を作っていくためにも必要なことかもしれません。

特に食材の選び方や保存法、そしてだしの取り方は重要なことでしょう。

ということで、これからこの本でちょっと学びなおしてみます!

皆さんの中でも、料理をこれから初めてみたい、あまり料理に自信がないという方がしましたら、この本を参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

料理の基本を学べる本

 

 

 

 

関連記事

  1. グルメ

    サワッディー:久留米で本格的なタイ料理を食べることができるお店!!【グルメ・久留米】

    今回は福岡県久留米市内にあるタイ料理屋 「サワッディー」 をご紹介…

  2. グルメ

    サワッディー:ディナーだけではなくランチもおいしかった!!【グルメ・久留米】

    福岡県久留米市にあるタイ料理のお店 「サワッディー」 をご紹介!!…

  3. グルメ

    愛媛・松山 出雲屋:朝から鯛丼が食べられるぜいたくなお店!!【グルメ・愛媛】

    今回紹介するお店は愛媛・松山にある 「出雲屋」 をご紹介!!愛…

  4. 赤垣屋 ダルム

このブログの読者になってみませんか?

follow

おすすめ記事

  1. 天草イルカウォッチング
  2. 20180423立花岳志さん福岡セミナー
  3. 博多水炊き 大和 水炊き
  4. 阿蘇

検索


アーカイブ

  1. 『伝わる書き方』

    ブック 書評

    『伝わる書き方』 by 三谷 宏治:自分の言いたいことをきちんと伝える書き方が学…
  2. 伝わる文章の書き方

    ブック 書評

    『伝わる文章の書き方』 by 高橋 廣敏 〜 漠然と書いている文章の書き方がスッ…
  3. ブログサポートサービス

    2回目のブログメンテナンスサービスを実施! ブログのSSL化をメインに【ブログ】…
  4. 20180423立花岳志さん福岡セミナー

    学び

    【学び】1年9ヶ月ぶりに開催された立花岳志さんの福岡セミナーに参加!パーソナルプ…
  5. 「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる

    ブック 書評

    『「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる』 by 立花 …
PAGE TOP