この世界の片隅に

エンターテイメント

  公開日:2017/03/25

映画『この世界の片隅に』を見て、 自分の好きなことがあることの大切さを知った!【エンターテインメント・映画】

 

 

先日、アニメーション映画 『この世界の片隅に』を見てきました。

戦争のことが描かれていますが、主人公がほのぼのとしていて全体的に戦争のことを忘れさせるような映画です。

でも、そこは戦争の話なので、戦時中の大変な状況も描かれています。

そんな中、主人公は得意で好きなことをやることでそんな中でも生きていけたのだと感じました。

そんな映画『この世界の片隅に』を紹介するとともに、映画を見て感じたことを書いていきます。

 

スポンサーリンク

 

『この世界の片隅に』のあらすじ

この世界の片隅に

まずはこの映画のあらすじから。

舞台は第二次世界大戦中の広島。主人公の すず(声:のんさん[本名:能年 玲奈])の戦時中でもささやかながらも不器用の頑張っていきていく姿が描かれています。
すずは広島市で生まれ、その後、呉市のある家に嫁いでいくことになります。周りに友達たちがいない中、周りの人に助けられながらも頑張って生活していきます。

そんな中、戦争も激しくなり、呉市でも頻繁に空襲を受けるようになってきます。そして、ある空襲のときに時限爆弾により、一緒にいた姪と自分の右手も失うことになります。

その後、姪の命を助けられなかったことにより姪の母親に責められ、自分も地元の広島市が恋しくなってきます。一時は広島市に帰ろうかと考えたすずですが、姪の母親とも和解し呉に残ることにしたのでした。

そして、その後、広島市に原爆が投下されます。しばらくして広島市に戻ったすずの両親はすでに亡くなっていました。

それでもこれからも旦那さんと仲良くほのぼのと生活していくのでした。

とあらすじはここまで。映画のタイトルである『この世界の片隅に』はこの映画の最初と最後のシーンを見てもらうと分かると思います。旦那さんが絡んでいます。

冒頭にも書きましたが、この映画は主人公のすずがおっとりとしているためか、全体的にほのぼのと時間が流れていきます。すずの声を担当したのんさんもそんな感じの方なので、余計にそのように感じられたのかもしれません。

でも、こんなほのぼのとした生活をしている普通の人たちが戦争に巻き込まれていく姿を見て、戦争に対する憤りを感じ、こんなことは絶対にやってはいけないと思いました。

 

スポンサーリンク

 

すずが小さい頃から得意で好きだったこと

こんな大変な状況の中でもすずが頑張って生きてこられたのも、ひとえにそんな状況を忘れられる好きなことがあったからではないでしょうか。

それは「絵を描くこと」です。

すずは小さい頃から絵を描くのが得意で、しょっちゅう絵を描いていました。それも空想して描くことが好きでした。大人になると家事などが忙しくなりなかなか絵を描けなくなりますが、それでも時間があれば描いていました。ときには道で迷子になったときに途方にくれている最中に道路の砂の上に描いていたりもしました。

すずにとって絵を描く時間が、自分の時間に没頭し、周りの状況を忘れられる時間だったのでしょう。

空襲によって右手をなくし絵は描けなくなるのですが、それでも絵心は忘れていませんでした。

 

スポンサーリンク

 

大変な状況であっても、その状況を忘れられるほど好きなことを持つことの大切さ

すずは絵を描くことで大変な状況でも乗り越えられたのだと思います。

好きでやっていて楽しいことを持つことは本当に大切だなと思いました。

それをやることで、その時間は周りのことも忘れ没頭できること。どんなにつらい状況でも、それをやることにより一瞬でもその状況を忘れられること。

そんなことを持っていることは素敵だなあと感じました。

それは読書とか音楽鑑賞でもいいでしょう。その世界に没頭できるものであれば。さらに絵を描いたり、なにかを作ったりといった自分の世界に没頭できるものであればよりいいのかもしれません。

僕のことでいえば、それは「ブログを書くこと」です。ブログを書いているときが楽しくて自分の世界に没頭できる時間です。

皆さんにも、このように没頭できる好きなことはありますか?

 

スポンサーリンク

 

あとがき

この記事では映画『この世界の片隅に』についてと、僕が映画を見て感じたことを書いていきました。

映画自体はほのぼのとしていますが、戦争の悲惨さ、理不尽さを感じられる映画です。ぜひ機会があれば見ていただきたい映画です。

そして、どんな状況でもそのことを忘れられるほど没頭できる好きなことを持つことは大切ですね。そんなことを感じた映画でした。

最近の記事はこちら

 

 

 

関連記事

  1. オーケストラ

    エンターテイメント

    やはり生演奏は素晴らしい!!コンサートやライブに行ってみよう!!【エンターテイント・音楽】

    昨日、およそ5、6年ぶりにオーケストラのコンサートを聴きに行きました!…

  2. エンターテイメント

    久しぶりに観た映画『スプリット』が恐すぎてテンションが下がってしまった夜

    久しぶりに映画館に足を運び映画を観てきました。観た映画はM・ナイト…

  3. 4DX

    エンターテイメント

    4DXを体感してきた!!~鑑賞前の注意事項や体感した感想など【エンターテイメント・映画】

    先日、久しぶりに映画館に映画を観にいってきました。しかも 「4DX®デ…

  4. ラプソディー・ジャパン
  5. Spotifyエントリー

このブログの読者になってみませんか?

follow

おすすめ記事

  1. 鶴屋本館
  2. 一燈灯 博多とんこつ

検索


アーカイブ

  1. ブログサポートサービス

    以前から始めようと思っていたブログメンテナンスサービスを開始しました!【ブログ】…
  2. 世界一やさしいブログの教科書1年生

    ブック 書評

    『世界一やさしいブログの教科書1年生』 by 染谷昌利:ブログ初心者をはじめ、い…
  3. 熊本ブロガー会

    ブログの毎日更新をやめて2週間! 〜 アクセス数からわかった更新頻度の次に大事な…
  4. ブログサポートサービス

    2回目のブログメンテナンスサービスを実施! ブログのSSL化をメインに【ブログ】…
  5. 『伝わる書き方』

    ブック 書評

    『伝わる書き方』 by 三谷 宏治:自分の言いたいことをきちんと伝える書き方が学…
PAGE TOP