高菜漬け

グルメ

高菜漬け~熊本のおいしい食べ物シリーズ その11:そのままでもおいしいが、いろんな食べ方ができるご飯のお供【グルメ・熊本】

熊本を応援しようと「熊本のおいしい食べ物」を紹介するシリーズ。今回で第11弾となりました。

今回、紹介する食べものはご飯によく合う「高菜漬け」です。

いろんな料理にも使えておすすめの食べものです。

早速、紹介しましょう!

高菜漬け~熊本のおいしい食べ物シリーズ その11:そのままでもおいしいが、いろんな食べ方ができるご飯のお供

高菜漬けとはその名の通り「高菜」を漬物にしたものです。

高菜は野沢菜、広島菜とともに日本三大漬け菜となっています。少し辛みがあるのが特徴です。食感はシャキシャキとしています。

熊本県阿蘇地方(阿蘇高菜)での栽培が盛んで、高菜漬けは阿蘇の名物となっています。

食べ方

高菜漬けはカットされず、そのままの形で売られています。

高菜漬け

▲漬けたままの形で袋づめされています。

食べ方はかつおぶしとしょう油をかけて食べたり、マヨネーズをかけて食べたりします。特にマヨネーズは漬物の塩辛さが調和されてマイルドな味になっておいしいです。

また、ごま油で炒めた「高菜炒め」が有名です。博多ラーメンや熊本ラーメンを提供するお店では、唐辛子と一緒に炒めた高菜炒めがトッピングとして用意されていることが多いです。また、高菜炒めはスーパーなどでもよく売られています。

そのほか、高菜漬けを具材として炒めた「高菜チャーハン」、高菜炒めをご飯にまぜた「高菜めし」という食べ方もあります。

豚バラと一緒にごま油で炒めたり、バスタやそばの具材としても使えます。僕もよくこれらの料理の具材として使っています。

漬物というとあまり料理には使わないイメージですが、この高菜漬けはこのように食べ方のレパートリーが豊富な食べものなのです。

購入するには?

ほとんどのスーパーで売られています。高菜漬けよりも高菜炒めとして売られていることが多いです。

ネット通販でも購入できるので、近くのスーパーに売っていない場合はネットで購入してもいいでしょう。

まとめ

熊本のおいしい食べもの「高菜漬け」を紹介しました。

熊本では定番となっているご飯のお供です。これだけでご飯が何杯もいけます。

また、食べ方のレパートリーが豊富なので、いろんな味わい方を楽しむことができます。

スーパーなどで見かけたら、ぜひ購入して食べてみてください。食べ方もネットでたくさん紹介されていますので、いろんな食べ方を試してみてはいかがでしょうか。

これまで紹介した熊本のおいしい食べものもいかが?

最近の記事はこちら

関連記事

  1. グルメ

    中央区保田窪 熱々天ぷら虎之介:熊本では数少ない天ぷら専門店!揚げたてサクサクの天ぷらは絶品!【グル…

    今回紹介するお店は熊本市中央区保田窪にある天ぷら専門店「熱々天ぷら虎之…

  2. 黒亭_玉子入りラーメン

    グルメ

    黒亭:他店ではあまりない玉子入りラーメンを食べてきた!!【グルメ・熊本】

    家庭の用事で先週末、熊本に行っておりました。久しぶりの熊本だっ…

  3. グルメ

    MINOU BOOKS&CAFE:本も売っている素敵なカフェ【グルメ・福岡】

    福岡県うきは市にある 「MINOU BOOKS&CAFE」 をご紹…

  4. グルメ

    愛媛・松山 出雲屋:朝から鯛丼が食べられるぜいたくなお店!!【グルメ・愛媛】

    今回紹介するお店は愛媛・松山にある 「出雲屋」 をご紹介!!愛…

  5. その他 グルメ情報

    ヘルシーな創作そばを作ってみる!【グルメ・その他】

    僕はパスタがとても好きで時々家でも作って食べています。ただ…

このブログの読者になってみませんか?

follow

おすすめ記事

  1. シンカム バイキング
  2. ラプソディー・ジャパン
  3. 熊本城

検索


アーカイブ

  1. 伝わる文章の書き方

    ブック 書評

    『伝わる文章の書き方』 by 高橋 廣敏 〜 漠然と書いている文章の書き方がスッ…
  2. 『伝わる書き方』

    ブック 書評

    『伝わる書き方』 by 三谷 宏治:自分の言いたいことをきちんと伝える書き方が学…
  3. ブログを挫折せずに続けられるコツ

    ブログ

    2年間毎日更新してきた僕が教えるブログを挫折せずに続けられる10のコツ【ブログ】…
  4. 第2回 熊本ブロガー会

    ブログ

    第2回 熊本ブロガー会を開催しました! ~ テーマはカテゴリー分けとネタ集め。ブ…
  5. ブログの楽しさを伝えるシリーズ

    ブログ

    ブログは自分を表現するツールである! 〜 ブログの楽しさを伝えるシリーズその2
PAGE TOP