道後麦酒館

グルメ

松山 道後麦酒館:道後温泉上がりに立ち寄りたいお店【グルメ・愛媛】

今回は愛媛県松山市にあるお店「道後麦酒館」をご紹介!!

松山の道後温泉に旅行に行った際に立ち寄ったお店です。

道後温泉の風呂あがりにぴったりのお店でしたよ!

さっそく紹介しましょう。

松山 道後麦酒館:道後温泉上がりに立ち寄りたいお店【グルメ・愛媛】

今回紹介するお店「道後麦酒館」は松山市の道後温泉近くにあります。
最寄り駅は伊予鉄道道後温泉駅で徒歩5分ほどのところにあります。

道後温泉本館のすぐ近くなので分かりやすいでしょう。また、お風呂上りにおすすめのお店です。

店内はカウンター、お座敷とあり、かなり広めですが、人気店なのか15分ほど待たされました。

メニューは…

では、メニューを見てみましょう。

道後麦酒館 お酒メニュー
▲麦酒館ということで地ビールがあります。地ビールはスタウトの漱石ビールからヴァイチェンののぼさんビールまで全部で4種類あります。ビールの名前に坊ちゃんゆかりの名前がついているのがいいですね!

道後麦酒館 本日のアラカルトメニュー
▲こちらは本日のアラカルトメニュー。愛媛の有名料理などが並びます。

道後麦酒館 通常メニュー
▲こちらは通常メニュー。愛媛のおいしいそうなものが並んでますね。

この中から何品かいただきました。紹介しましょう!

今回いただいた料理たち

ここはまずビールをいただかないと…ということで、地ビールをいただきました。

道後麦酒館 漱石ビール
▲スタウトである漱石ビールを注文。香ばしい香りと苦味がありますが、それほど苦いという感じではありません。これはお風呂上りには本当にいけます!!

それから、料理を何品か注文しました。

道後麦酒館 じゃこ天とたこわかめかまぼこ
▲一品目はビール酵母入りじゃこ天とたこわかめかまぼこ。愛媛ではじゃこ天は有名ですが、たこわかめかまぼこというのは初めてです。最初のつまみにいいですね。

道後麦酒館 伊予ウインナー盛り合わせ
▲二品目は伊予ウインナー盛り合わせ。これはさすがにビールに合います!とてもおいしいです。

道後麦酒館 鯛の刺身
▲三品目は鯛の刺身をいただきました。愛媛と言えば鯛ということで刺身を注文。身に歯ごたえがあり、とてもおいしいです。この後の日本酒とも相性ばっちりです。

秋山兄弟
▲ビールの次は道後の酒である秋山兄弟という冷酒をいただきました。非常に飲みやすいお酒です。お刺身によく合います。

まとめ

道後温泉本館近くにあり、湯上り後にぜひ立ち寄りたいお店です。

と言いながら、今回は湯上り後ではなかったのですが…

でも、湯上り後においしい料理を食べながらビールをくーっといくという、最高の時間が過ごせるお店だと思います。

機会があれば、ぜひ道後温泉に入ったあとに寄ってみたいと思います。

ということで、今回紹介したお店は…

道後麦酒館

  • 住所:愛媛県松山市道後湯之町20-13
  • 電話番号:089-945-6866
  • 営業時間:11:00~21:30 ランチ営業、日曜営業


関連記事

  1. ハコニワ:馬刺しの上赤身
  2. お好み焼き いで

    グルメ

    お好み焼き いで:大阪、広島どちらのお好み焼きも味わえる昔ながらの雰囲気のあるお店【グルメ・熊本】

    今回紹介するお店は、熊本市内にあるお好み焼きのお店 「お好み焼き いで…

  3. 料理

    その他 グルメ情報

    今どき料理は意外と簡単に作れてしまう!【グルメ・その他】

    僕は今、ほぼ毎日のように料理をしています。以前、男性向けに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの読者になってみませんか?

follow

おすすめ記事

  1. ばってんの湯
  2. レストランバス
  3. 博多水炊き 大和 水炊き

検索


アーカイブ

  1. 伝わる文章の書き方

    ブック 書評

    『伝わる文章の書き方』 by 高橋 廣敏 〜 漠然と書いている文章の書き方がスッ…
  2. ブログの楽しさを伝えるシリーズ

    ブログ

    ブログは自分を表現するツールである! 〜 ブログの楽しさを伝えるシリーズその2
  3. 『伝わる書き方』

    ブック 書評

    『伝わる書き方』 by 三谷 宏治:自分の言いたいことをきちんと伝える書き方が学…
  4. ブログを楽しもう会

    学び

    ブログを楽しもう会 in 福岡 〜 第5回 学びつながる勉強会 を開催!みんなで…
  5. ブログの楽しさを伝えるシリーズ その4

    ブログ

    ブログで成長することができる! 〜 ブログの楽しさを伝えるシリーズその4
PAGE TOP