ブログノウハウ

アメブロとWordPressを使ったブログの違いとは? 〜 両方経験した僕が紹介するそれぞれのメリット・デメリット【ブログノウハウ】

僕は2016年8月に独自ドメインを取得し、WordPress(ワードプレス)でのブログ運用に切り替えました。

その前はサイバーエージェントが運営するアメブロをおよそ5年間使っていました。

今はなんの不自由もなくブログを書けていますが、アメブロにはいくつかの制約がありました。

一方、WordPressでの運営も自由さはありますが、デメリットもあります。

ブログを運営する方法としてどちらもありですが、それぞれのメリット・デメリットを知った上で使ったほうがのちのち困ることがないでしょう。

ということで、今回はどちらのブログも運営経験がある僕が、アメブロWordPressを使ったブログ、それぞれのメリット・デメリットを説明していきます!

アメブロのメリット・デメリット

Ameba

まずはアメブロのほうから。

皆さんんもご存知かと思いますが、アメブロサイバーエージェントが運営しているブログサービスです。

会社が運営しているので、そこには当然ながら運用規約があります。

規約があるということはすくなからず制約があることになります。

でも、会社が運営しているブログサービスなので管理などの面では安心です。

アメブロのメリット・デメリットをそれぞれまとめてみましょう。

メリット

まずはアメブロのメリットです。メリットとしては、以下のようなものがあります。

Amabaに登録すれば簡単にブログを開始することができる

サーバーはサイバーエージェントが管理しているので、基本的にAmebaにユーザー登録してブログ開設をすれば、すぐにでも開始することができます。ブログタイトルとブログデザインさえ決まればすぐに書き始めることができます。

Amebaユーザー同士でコミュニケーションをとる仕組みがあり、ブログを読んでもらう機会が増える

Amebaにはアメブロ以外にもユーザー同士がコミュニケーションできるツールが揃っています。

それらのツールを活用することにより自分のブログ記事を読んでもらう機会が増えます。日本で第1位の規模を持つブログサービスなので、それなりに読者を増やすこともできます。

システムで何かトラブルが発生した場合、サイバーエージェント側が対応してくれる

サーバーは会社側が管理しているので、なにかトラブルが発生した場合には会社側で対応してもらえます。(ただし、記事内容を原因とする問題には対処してもらえません)

デメリット

続いて、アメブロのデメリットです。

あまり自由にカスタマイズができない

ブログデザインをある程度カスタマイズすることはできますが、カスタマイズできる範囲が限られているため、あまり自分のイメージどおりにカスタマイズすることができません

あるHTMLタグが禁止されていたりして自由に書けない

記事を書くときにも制約があり、あるHTMLタグが挿入できなかったりとイメージどおりに書けない場合があります

商業用の広告、宣伝を目的としたブログは作成できない

アメブロ内でアフィリエイト広告を貼れる仕組みはありますが、基本的に商業用の広告や宣伝を目的とした記事は書けないようになっています

サイバーエージェントが不当だと判断した記事は削除される可能性がある

上のことも含めて、会社が不当だと判断した記事は削除されてしまう可能性があります

 

スポンサーリンク

 

WordPress(ワードプレス)を使ったブログのメリット・デメリット

WordPress

次にWordPressを使ったブログのメリット・デメリットについて説明します。

WordPressで運営する場合は、基本的にレンタルサーバーを借りる契約をして、独自ドメインを取得する必要があります。

レンタルサーバーWordPressをインストールして動かすためのコンピューター独自ドメイン自分のブログを表すURLのことです。

僕のブログの場合は、gu-taro.netがドメインとなります。このドメインがないと、自分のブログを検索してもらうことができません。

アメブロももちろんこのドメインがあり、ameblo.jpの部分がそれにあたります。

WordPressの場合、このレンタルサーバーと独自ドメインを用意、管理しなければいけないので、そのぶん運営が大変になります。

でも、逆にアメブロと比べると自由度が高くなります。

そういったことを含めて、WordPressを使ったブログのメリット・デメリットをまとめていきます。

メリット

まずはWordPressを使ったブログのメリットから。ほとんどがアメブロのデメリットになっている内容です。

カスタマイズの自由度が高い

自分で運用するのですべてが自由です。ブログデザインのテーマは決める必要があるものの、その他レイアウトなどは自由にカスタマイズできます

HTMLタグの制限がないので自由に書ける

記事を書く上でも制約はありません。

アフィリエイトなど商業利用も自由に行える

アフィリエイト広告も自由に貼ることができます。

サーバ側で問題がない限り、削除されることもなく記事は永遠に残り続ける

サーバーのディスク容量がなくなったり、不正アクセスがあったりしない限り、基本的に記事は削除されることなく永遠に残り続けます。(もちろん、自分がブログを辞めてしまった場合には記事は残りません)

デメリット

次にWordPressを使ったブログのデメリットです。

ブログを立ち上げるまでが手間がかかる

WordPressの項の最初に書いたように、ブログを立ち上げるのにはレンタルサーバー契約、ドメイン取得、WordPressインストールまでを自分で行う必要があるため、立ち上げるまでに手間がかかります

手順自体はネットなどを調べれば分かるのでそれほど難しくはありませんが、アメブロのように手軽にといった感じではありません。

基本的に自分でサーバー管理しなければならない

サーバーのデータやWordPressの設定などを基本的に自分で管理しなければなりません。データのバックアップや、不正アクセスがあった場合のリカバリなどはすべて自分で行う必要があります。

記事を読んでもらうためにはSNSなどを活用するなど努力が必要

アメブロには読者を集める仕組みがありましたが、WordPressにはそのような仕組みがありません。

だから、基本的に自分のブログを自力で知ってもらう必要があります。それはアメブロでも必要なことではありますが、それ以上に努力が必要になってきます。

それはGoogleに記事をインデックス登録したり、SNSで投稿通知を流したりして、できるだけ自分のブログを知ってもらうことが必要です。

まとめ

今回はアメブロWordPress(ワードプレス)を使ったブログ、それぞれのメリット・デメリットを書いてきました。

アメブロは簡単に始められる分、カスタマイズや広告などに制約があります。

一方、WordPressを使ったブログでは自由度が高い分、立ち上げるまでに手間がかかったり、サーバーの管理を基本的に自分で行わなければいけないなど、ちょっとした知識が必要になります。

だから、必ずしもどちらがいいというわけではありません。

ブログはあくまで自分の仕事のサポート的に使うだけで、そんなにガッツリと使う必要はないというのであればアメブロでもいいでしょうし、ブログもしっかりと育てていきたいというのであればWordPressを使ったブログのほうがいいかもしれません。

また、ブログをまったくやったことがない人は、まずアメブロから始めてみて、ブログ記事を書くことに慣れてきたらWordPressに移行するという方法もあります。(僕はこのスタイルでした)

それぞれのメリット・デメリットを知った上で、それぞれの目的にあったブログを使っていけばいいでしょう。

この記事がこれからブログを始める人、WordPressを使ってみようか悩んでいる人の参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

 

更新履歴

2016年10月13日 オリジナルコンテンツを公開しました。
2020年 5月29日 情報を追記し、全文をリライトして再公開しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

緊急事態宣言解除後にやりたかったことをようやく実現でき、ブログに関する新たな気づきもあった1日 〜 ぐうの東京生活410日目[2020年5月28日(木)]前のページ

心地よい青空のなか散策をしたり、夜はオンライン飲み会をして大学のサークルの後輩と久しぶりに会話したりした1日 〜 ぐうの東京生活411日目[2020年5月29日(金)]次のページ

 

こちらの記事もどうぞ!

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの読者になってみませんか?

follow

おすすめ記事

  1. あか牛丼
  2. 山うにとうふパッケージ
  3. プレミアムモルツ<香るエール>
  4. 想像

検索

アーカイブ

おすすめ旅行サイト

・Trip-Partner

 

・ぷらたび(https://platabi.com

 

スポンサーリンク

 

PAGE TOP