あなたの文章が劇的に変わる5つの方法

ブック 書評

『あなたの文章が劇的に変わる5つの方法』 by 尾藤 克之 〜文章術の本だがブログについても気づきを与えてもらえる本【ブック・書評】

毎日、僕は仕事やブログで文章を書いていますが、もっとわかりやすく伝わる文章を書こうと文章術についても日々学んでいます。

これまでにも文章術についての本を紹介してきました。そこではブログだけに限らず、文章をわかりやすくするための書き方について書かれているものが多かったです。

今回紹介する本も当然、わかりやすく伝えるための文章術について書かれています。ただ、そのなかにはブログを多くの人に読んでもらうための極意も書かれていました。

今回はそのことを中心に紹介していきます。

さっそく紹介しましょう!

スポンサーリンク

『あなたの文章が劇的に変わる5つの方法』 by 尾藤 克之 〜文章術の本だがブログについても気づきを与えてもらえる本【ブック・書評】

今回紹介する本は尾藤 克之さん著のこの本です。

著者である尾藤さんはジャーナリスト/経営コンサルタントとして働いている方です。代議士秘書、コンサルティングファーム、IT系上場企業等の役員も経験されています。

その経験のなかで培ってきたプロの文章術について公開されているのが、この『あなたの文章が劇的に変わる5つの方法』なのです。

人気ブログを目指すためには?

ブログ記事を書く上で僕が心がけているのが「読んでくれた人に役立つ情報を伝えること」なのですが、尾藤さんはそのほかにも次のことが大事だと書かれています。

人気ブログを目指す上で重要なのは、読者に役立つ情報を提供し続けることですが、それと同じくらい大事なのが”読みやすさ”。

そして、ブログの特徴として次のことをあげています。

SNSに比べて、ブログは文字サイズやフォントの変更、太文字にする、下線を引く、リンクを貼るなど、比較的デザインの自由度が高いのが特徴です。

そう、ブログは表現の自由度が高いんですよね。だから、読みやすくするための手段も多い。これを活用しない手はないんです。文章だけで表現できないのであれば、写真や動画も使うことができます。

僕も強調したい言葉は太字にしたり、下線を引いたりします。また、わかりやすくするために写真などを使っています。

こういう自由度が高いブログだからこそ、いろんな表現を使ってわかりやすくすることが重要なのですね。

ブログで読まれる文章を書くには?

せっかくブログ記事を書いても、読まれるものでなければあまり意味がありません。自分の記録を残すだけなのであれば別に読まれなくてもいいのかもしれませんが、せっかく書いたのであればできるだけ多くの人に読んでもらいたいものです。

そのためにはもちろんわかりやすい文章を書くことが大事です。

しかし、尾藤さんはブログで読まれる文章を書くために次のことが大事だと書かれています。

テクニック以上に、「私はこれを伝えたい!」という強い信念が大事です。
伝えたい思いを大事に、自分を信じて書く、これは文章を書いていく上の基本であり大切な要素です。

ブログを書く上で大事なことは「伝えたいことをしっかりと伝える」ということ。

だから、その気持ちをそのまま自分の文章で書くことが大事だということですね。

そこにテクニックが入ってしまうと、伝えたいことがねじ曲がってしまう可能性があります。文章をカッコよくしようとして、伝えたいことを伝えられなくなってしまうのです。

よく、話し言葉のように書くと良いと言われます。これは、伝えたい気持ちをそのままに言葉にすると良いということでしょう。

尾藤さんが書かれているようにテクニック云々よりも「自分を信じて自分の言葉で書く」ことが大事なのですね。

文章をわかりやすくするためには、ある程度、スキルも必要ですが、それがあまり行き過ぎないようにすることも大切だと感じました。

ブログのネタ切れを防止するために

この本は文章術についての本なのですが、ブログのネタ集めについてもとても参考になることが書かれていました。

ブログを更新していく上で困るのがネタ切れですが、そのネタ切れに対して尾藤さんは次のようなヒントを書かれています。

ネタ切れ防止のためにおすすめしたいのが、「複数視点を持つこと」です。

たとえばどこか旅行に行ったとして、ネタとしてまず考えられるのが「旅行記」です。内容としては、どこを観光して、どういったことをしたということがほとんどでしょう。ただ、これだと1〜3記事程度しか書けないことがほとんどです。

しかし、旅行でも視点を変えれば、いろんなことがあることに気づきます。その土地の郷土料理や名産、泊まったホテル、その土地の風景、歴史、人の性格など。こういったことにまで目を向けると、1回の旅行でもたくさんの記事を書けるのではないでしょうか。

これが「複数視点を持つ」ということです。

僕のブロガー仲間でランニングが趣味の方がいるのですが、その方もマラソン大会に出場した時は、大会の日のことだけではなく、大会申込みをしたことや、遠地での大会の場合は前日の宿泊時のこと、終わったあともどんな大会だったのかということを記事に書かれています。まさに「複数視点」ですね。

僕は日頃から毎日何かしらネタはあると思っているのですが、複数視点は持っていませんでした。

これを持つともっとネタが集まりそうですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は『あなたの文章が劇的に変わる5つの方法』に書かれているなかから、ブログに関することを中心に紹介してきました。

こうやって見てみると、まだまだブログでやるべきことがたくさんあるんだなと思います。特に、ネタ探しで複数視点を持つという考え方はなかったので、これからはもっといろんな視点でネタ探ししていきたいです。

そして、わかりやすい・読みやすい文章を書くことも大事ですが、ブログにおいて一番大事なことは「自分が伝えたいことをしっかり伝えること」。この本を読んで、改めてこのことに気づかされました。

もちろん本のなかでは文章の基本的な書き方についても書かれています。というか、こちらがメインです。(笑)

また、著者である尾藤さんがコンサルタントをやられているため、興味を引かせる書き方、データの見せ方なども書かれています。

文章を書くことを生業にしている人だけではなく、仕事で資料などをまとめることが多い人にもおすすめしたい本です。

『あなたの文章が劇的に変わる5つの方法』書籍情報

 

スポンサーリンク

 

関連記事

  1. ノマドワーカーという生き方
  2. 世界一やさしいブログの教科書1年生
  3. 「感謝」で思考は現実になる

    ブック 書評

    『「感謝」で思考は現実化する』 by パム・グラウト ~ 「今日、何かとてつもなくすばらしいことが起…

    パム・グラウトさん著の 『「感謝」で思考は現実化する』を紹介します。…

  4. 『伝わる書き方』
  5. ブック オーディオブック

    時間を有効活用して読書量を増やそう!!【ブック・オーディオブック】

    タイトルには"読書量"と入っていますが、今回は読むほうではなく、聴…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの読者になってみませんか?

follow

おすすめ記事

  1. セミナー
  2. カキのアヒージョ

検索


アーカイブ

  1. 伝わる文章の書き方

    ブック 書評

    『伝わる文章の書き方』 by 高橋 廣敏 〜 漠然と書いている文章の書き方がスッ…
  2. ブログ

    第5回 熊本ブロガー会開催レポート 〜 テーマだけではなくブログについてざっくば…
  3. 第2回 熊本ブロガー会

    ブログ

    第2回 熊本ブロガー会を開催しました! ~ テーマはカテゴリー分けとネタ集め。ブ…
  4. 『新しい文章力の教室』

    ブック 書評

    『新しい文章力の教室』 by 唐木 元:読ませるための文章の書きかたが凝縮されて…
  5. ブログ

    ブログとはなんぞや?ブログの基本的なことについて 〜 ブログの楽しさを伝えるシリ…
PAGE TOP