エッセイ

  公開日:2016/12/03

どうせなら今の時代を楽しもう!!【雑記】

最近なにかと話題の 1980年代

スマホのCMでも出てきますね!

僕らの年代が若い頃を過ごした年代でもあります。

本当にこの年代はいろんなカルチャーが生まれ、とても楽しい年代でした。

確かに楽しい年代でした!

でも、それは過去のことなのです…

1980年代って?

さて、1980年代ってどんな年代だったのしょう?

若い方はあまりよく知りませんよね?

ちょっと振り返ってみましょう!

この年代は僕が小学校から高校時代を過ごした年代です。

冒頭にも書いたように、この年代はたくさんのカルチャーが生まれ、テレビ全盛期の時代でした。

芸能界でいえば、アイドル時代です。

最近テレビ出演復活されたトシちゃんこと田原俊彦さん、マッチこと近藤雅彦さん、そしてヨッちゃんこと野村義男さんの3人による たのきんトリオをはじめ、シブガキ隊少年隊などジャニーズのアイドルグループが生まれたのがこの年代です。

女性アイドルでは、皆さんよくご存じの松田聖子さんをはじめ、中森明菜さん、今でもテレビでよく見る小泉今日子さん、そして最近またテレビに出だした早見優さんや堀ちえみさんなどが活躍されたのが年代です。

そして、このあとバンドがブームとなり、チェッカーズC-C-Bなどが活躍し始めるようになりました。

そして、この年代は歌番組が全盛期でした。

名前は聞いたことがあると思いますが「ザ・ベストテン」をはじめ、「ザ・トップテン」「夜のヒットスタジオ」などたくさんの歌番組がありました。

お笑い界で言えば、まさにテレビ全盛期でした。

欽ちゃんこと萩本欽一さんやドリフターズが出演するテレビ番組は軒並み高視聴率を取っていました。

そして漫才ブームが起こり、ビートたけしさんがコンビを組んだツービート、島田洋七さんがコンビを組んだB&Bをはじめたくさんの漫才コンビが生まれました。

ビートたけしさんはその後お笑い番組「オレたちひょうきん族」に出演されるようになり、明石家さんまさんとともにお笑い会を盛り上げました。

タモリさんもこの時期に大活躍され、ビートたけしさん、明石家さんまさんとともにお笑いBIG3と呼ばれるようになりました。

そして、その後ダウンタウンとんねるず、そしてウッチャンナンチャンなど今も活躍されている方々が出てきました。

スポーツ界で言えば、プロ野球全盛期。

そして大相撲では先日お亡くなりになった千代の富士さんが全盛期の時代でした。

あとプロレスもさかんでした。ジャイアント馬場さんが創立した全日本プロレス、そしてアントニオ猪木さんが創立した新日本プロレスなどの試合がよくテレビで放映されていました。

子供の世界でもいろんなものが登場しました。

僕がIT業界に入るきっかけにもなったファミリーコンピュータが登場したのがこの年代です。

漫画では「ドラえもん」をはじめとした藤子不二雄先生の作品をはじめ、週刊少年ジャンプが黄金時代を築き、最近CMにも出ている「Dr.スランプ アラレちゃん」「ドラゴンボール」、そして僕もはまった「キン肉マン」「キャプテン翼」「北斗の拳」などもこの年代に生まれました。

そして、最近CMでも出てきている「なめ猫」もこの時代に登場しました。

あと、自然界で言えば、この年代はあまり地震が発生していなかったように思います。

もういろんなことがありすぎて、とてもここには書ききれません!!

確かに楽しかった!!でも…

確かにこの年代はいろんなことがあり、とても楽しい年代でした!

僕もときどきこの年代のことを思い出して、「楽しかったな~!」なんて思いにひたるときがあります。

でも、この年代は過去のことなのです。

時々、今の時代と比較して、「あ~、あの時代が良かったな~!」なんて言う人がいます。

確かに今の時代はいろんなものがあふれすぎていて、ちょっと窮屈な時代かもしれません。

そして、IT技術の高度化によりリアルタイムに情報がいきわたるようになり、瞬時に判断しなければならないことが多くなりました。

また、自然界では日本ではここ何年かで地震が増えてきて、不安感も増えてきている気がします。

昔の少しゆったりとして時間が流れていた時代のほうがいいかもしれません。

時代の流れは仕方ない!どうせなら今の時代を楽しもう!!

でも、当然ながら昔の時代に戻ることはできないのです!

時代は流れていきます。

自分たちの力ではどうにもなりません。

であれば、どうせなら今の時代を楽しむようにしましょう!!

昔に比べて今の時代は圧倒的にIT機器の能力が上がりました!

それにより、さらに仕事が大変になるなどといったことはあるものの、ITを使っていろいろとやりたいことができる時代になりました。

「ITに疎いから、そんなことできない」という方もいるかもしれません。

でもITを使えば実現できる可能性があるのです。昔よりもその可能性は圧倒的に高まっています!

ITに疎くても、自分がやりたいことを実現するために必要なことだけでも覚えてみるのもいいでしょう。

ここではITのこどだけ書きましたが、他にも昔に比べて圧倒的に良くなっているものがたくさんあります。

それらを敬遠するのではなく、どうせなら実際に使う、体験するなどして、楽しんでみましょう!!

おわりに

1980年代の話が少し長くなってしまいました…

それだけ、僕にとっても楽しく、思い出深い年代だったわけです。

でも時代は変わったのだから、今の時代に合わせて楽しもうということを今回書きました。

とはいえ、1980年代にもたくさん良いものがあったので、あらためてそれらと取り入れて新たな価値を生むというのもいいですね!!

最近の記事はこちら

 

 

 

関連記事

  1. エッセイ

    書評を書いたりライティングの仕事をしたり、夜は久しぶりに焼き鳥を食べたりと充実した一日[何気ない日常…

    三連休が始まりましたね。旅行に行ったり、ゆっくりオリンピックを観たりと…

  2. エッセイ

    2016年8月の振り返り & 9月の目標!!【雑記】

    今年も9月に入りましたね!すっかり朝と夜は涼しくなり、秋の気配…

  3. エッセイ

    昨日から変えたタスク管理法は効果的だったものの、あることでイライラすることが多かった一日[何気ない日…

    昨日からタスク管理の方法を少し変えたのですが、これがかなり効果的でした…

  4. エッセイ

    髪を切りスッキリしたあとはノマドワーク!仕事にかなり集中できたがちょっと疲れてしまった一日[何気ない…

    髪が伸びすぎていたので散髪に行き、外出したついでにノマドワークを。集中…

  5. エッセイ

    明日の仕事に向けての準備などをし、必要なものは常にストックしておくことが大事だと気づいた一日[何気な…

    今日は仕事中心の一日。明日、「ブログメンテナンスサービス」を実施するた…

  6. エッセイ

    寝不足で頭がぼーっとしながらも、やりたいことを進めた一日[何気ない日常の三行日記]

    自分のせいではないのですが、寝不足で頭がぼーっとしていました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの読者になってみませんか?

follow

おすすめ記事

  1. 洋食の店 橋本 ポークソテー
  2. 料理
  3. 奴寿司 うに

検索


アーカイブ

  1. あなたの文章が劇的に変わる5つの方法

    ブック 書評

    『あなたの文章が劇的に変わる5つの方法』 by 尾藤 克之 〜文章術の本だがブロ…
  2. ブログ

    ブログとはなんぞや?ブログの基本的なことについて 〜 ブログの楽しさを伝えるシリ…
  3. ブログの楽しさを伝えるシリーズ

    ブログ

    ブログは自分を表現するツールである! 〜 ブログの楽しさを伝えるシリーズその2
  4. ブログの楽しさを伝えるシリーズ その4

    ブログ

    ブログで成長することができる! 〜 ブログの楽しさを伝えるシリーズその4
  5. 伝わる文章の書き方

    ブック 書評

    『伝わる文章の書き方』 by 高橋 廣敏 〜 漠然と書いている文章の書き方がスッ…
PAGE TOP