学び

  公開日:2017/01/24

親指シフトは引き続き練習中!!~課題文字を重点的に![親指シフト練習記録 その6]【学び】

 

 

親指シフトの練習は引き続き継続中です!

練習を始めてから1カ月と2週間ほどたちました。

前回の報告から1週間たちましたが、この1週間の成果はどうだったでしょうか?

前回の練習成果はこちら。

ということで、今週も報告していきます!!

 

スポンサーリンク

 

練習方法を少し変える

基本的な練習方法は今までとあまり変わりません。

あらためて、これまでの練習方法はこのような感じでした。

  • Facebookの投稿やコメント、Twitterにつぶやきを入力するときに親指シフトを使う
  • 毎日行っている日次レビューで文字入力するときに親指シフトを使う
  • 簡単な文章の下書きを書くときに親指シフトを使う
  • ブログも時間があるときは親指シフトで入力する

今まで、ブログについてはローマ字入力で入力していたこともありましたが、もうほとんど親指シフトで入力しています。

また前回までの課題であった半濁音(ぱ・ぴ・ぷ・ぺ・ぽ)や小さい「ぇ」や「ぉ」を練習するためにこれらの文字が入った単語(パソコン、プリンター、ジェット機など)を何度も入力してキー配置を覚えるようにしました。

急いでいるときはローマ字入力で入力することもありますが、そのほかはほとんど親指シフトで入力しているため、パソコンに向かっているほとんどの時間は親指シフトで入力していることになります。

とこんな感じで1週間練習を続けてきましたが、成果はどうだったでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

1週間の練習成果は…

前回までの課題であった半濁音(ぱ・ぴ・ぷ・ぺ・ぽ)や小さい「ぇ」や「ぉ」などはまだ忘れてしまうことがあるものの、そのほかの文字はキーレイアウトを見なくてもブラインドタッチで入力できるようになりました。

ときどき入力するキーが1文字ずれてしまうことはありますが…

こんな状態の中、今回も入力測定をしてみました!!

さて、今回の結果は?

ローマ字入力:382文字/5分(初回測定値)
親指シフト:213文字/5分(前回測定値:200文字/5分)

伸びはわずかでしたが、今回もあがっていました!

まだ測定しているときは緊張しているのか、特に1文字入力を間違えてしまうとちょっとテンパってしまい、その後入力するキーの配置を忘れてしまうことがあるので、もう少しなんとかしたいところです。

でも、一応今回も成果があらわれていたということで良かったです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

今週も順調に練習成果があらわれてきているようでした。

だんだんとローマ字入力の速度に近づいてはきているものの、まだまだ差はあるので引き続き練習していきます!!

特に課題文字はさらに重点的に練習していきたいです!

最近の記事はこちら

 

 

 

関連記事

  1. 学び

    頭で考えたことがスムーズに入力できるようになり親指シフトが楽しくなってきました!![親指シフト練習記…

    引き続き練習している親指シフトですが、練習を始めてから2カ月がたち…

  2. 学び

    親指シフトを始めてはや4カ月、現在の状況とあらわれた効果について【学び】

    2016年の12月から始めた親指シフトの練習。早いもので4カ月がた…

このブログの読者になってみませんか?

follow

おすすめ記事

  1. 高菜漬け
  2. 第2回 熊本ローカルメディア交流会
  3. シンカム バイキング
  4. インド食堂ディナーセット

検索


アーカイブ

  1. ブック 書評

    『10倍速く書ける超スピード文章術』 by 上阪 徹 〜 執筆に時間がかかりすぎ…
  2. 世界一やさしいブログの教科書1年生

    ブック 書評

    『世界一やさしいブログの教科書1年生』 by 染谷昌利:ブログ初心者をはじめ、い…
  3. ブログ

    【ブログ】2年間更新し続けている僕が毎日記事を生み出す方法を紹介!!
  4. 伝わる文章の書き方

    ブック 書評

    『伝わる文章の書き方』 by 高橋 廣敏 〜 漠然と書いている文章の書き方がスッ…
  5. ブログ

    ブログを続けられる人がアクセス数よりも大事にしていること【ブログ】
PAGE TOP