エッセイ

大学時代のサークルの後輩をたくさんの料理とともにお出迎えし、とても喜んでもらえた一日[何気ない日常の気づき日記]

今日は大学時代のサークルの後輩がうちに遊びに来るというので、そのための準備などで忙しい一日でした。

そんな2018年3月31日(土)の気づき日記を書いていきましょう!

大学時代のサークルの後輩をたくさんの料理とともにお出迎えし、とても喜んでもらえた一日[何気ない日常の気づき日記]

今日はいつもよりやや遅めのスタート。

朝食後しばしゆっくりしたあと、昼過ぎにちょこっと仕事を。そのあとは部屋の掃除やら、夕食の買い出しなどをしました。

サークルの後輩がうちに来るのが20時過ぎだと聞いていたので準備に余裕がありました。

夕食は僕の手料理を。今日は全部で5品作りました。

▲そのなかの一つ「小松菜のナンプラー炒め」。久しぶりにナンプラーを使ってみましたが、よい味になりました。

「ガーリックシュリンプ」も久しぶりに作ってみました。いつもはしょうゆを使うところをナンプラーに。これも我ながらおいしくできました!

ほかの3品についてはアイキャッチを。

久しぶりに大量の料理を作りましたが、なんとか作れて良かったです。

サークルの後輩からもおいしいと言ってもらい喜んでもらえました!

スポンサーリンク

2018年3月31日のぐうの気づき

明日から4月ということでようやく暖かくなり過ごしやすくなりましたね。

ということで、僕も外出して長時間、外で過ごす時間が増えてきました。

最近楽しいのは写真の撮り歩き。冬場もやっていましたが、寒いと長時間歩けず、あまり撮り歩けていませんでした。

それが暖かくなったので、長時間でも撮り歩けるようになったのです。

そして、写真を撮ること自体も楽しいのですが、さらにモチベーションを上げているのがInstagramの活用。

最近、熊本の街なかの風景を撮るのが好きで、その写真をInstagramの方にも投稿しているのですが、「いいね!」がたくさんつくとモチベーションも上がってきます。

そして、さらにいい写真を撮りたいと思うようになるんですね。

それを楽しいことをやるのがまず大切ですが、さらにモチベーションを上げ、向上心を高めていく仕組みを作ることも大事ですね。 (今日の気づき)

これからももっともっといい写真が撮れるよう学んでいきます!

スポンサーリンク

 

最近の記事はこちら

 

関連記事

  1. エッセイ

    ノマドワークし仕事ははかどったものの、気持ちはあまり満足できなかった一日[何気ない日常の気づき日記]…

    昨日はとても暖かかったものの、今日は気温が下がりかなり寒かったです。た…

  2. エッセイ

    2017年10月の振り返り & 11月にやりたいこと

    めっきり冷え込んできましたね。こちらはまだ紅葉していませんが、…

  3. きのこ鍋

    エッセイ

    暖かかったのでノマドワーク。夕食で作ったきのこ鍋を作り美味しく食べた一日[何気ない日常の気づき日記]…

    先週の寒さから一転、今日は暖かかったですね。一気に春がきた感じでした。…

  4. エッセイ

    髪を切りに行ってさっぱりしたり、ライティングの仕事をしたりしていたら、夜におかしなことが起こり始めた…

    明日参加する予定の交流会に備えて髪を切りに行ったり、ライティングの継続…

  5. エッセイ

    ライティングの仕事が一休みだったのでブログ更新に精を出した一日[何気ない日常の気づき日記]

    今日は仕事が一休みだったので、外出しブログ更新を中心に活動しました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの読者になってみませんか?

follow

おすすめ記事

  1. ばってんの湯
  2. 第2回 熊本ローカルメディア交流会
  3. あさり

検索


アーカイブ

  1. ブログ

    第5回 熊本ブロガー会開催レポート 〜 テーマだけではなくブログについてざっくば…
  2. ブログを挫折せずに続けられるコツ

    ブログ

    2年間毎日更新してきた僕が教えるブログを挫折せずに続けられる10のコツ【ブログ】…
  3. 『新しい文章力の教室』

    ブック 書評

    『新しい文章力の教室』 by 唐木 元:読ませるための文章の書きかたが凝縮されて…
  4. ブログの楽しさを伝えるシリーズ

    ブログ

    ブログは自分を表現するツールである! 〜 ブログの楽しさを伝えるシリーズその2
  5. ブック 書評

    『10倍速く書ける超スピード文章術』 by 上阪 徹 〜 執筆に時間がかかりすぎ…
PAGE TOP