入社3年目までの仕事の悩みに、ビジネス書10000冊から答えを見つけました

ブック 書評

  公開日:2017/03/21     更新日:2018/10/26

『入社3年目までの仕事の悩みに、ビジネス書10000冊から答えを見つけました』 by 大杉 潤:ビジネスの悩みに対する答えが凝縮されている本!【ブック・書評】

 

 

大杉 潤さん著の『入社3年目までの仕事の悩みに、ビジネス書10000冊から答えを見つけました』をご紹介します。

大杉さんは大学卒業後、銀行員として仕事をし、その後金融ベンチャーなどで経営幹部として人事や採用・研修の責任者を務められてきた方です。そして現在は経営コンサルティングの仕事を行う一方で、ブロガーとして毎日1冊ビジネス書の書評をブログに書かれています。

大杉さんは僕のお知り合いの方でもあります。あるセミナーでお知り合いになりました。お知り合いということで、いつもの本とは違った思いで読みました。

早速、紹介していきましょう!

 

スポンサーリンク

 

『入社3年目までの仕事の悩みに、ビジネス書10000冊から答えを見つけました』 by 大杉 潤:ビジネスの悩みに対する答えが凝縮されている本!

まず、大杉さんがすごいところはその読書量です。入社1年目から年間300冊の本ビジネス書を読み続け、それを35年間も続けられています。その数はなんと累計10000冊以上とのこと。しかも現在も継続中です。

ビジネス書1冊あたり1,500円ほどと考えると、この本には1,500円×10000冊=1,500万円以上の価値があるということです。

ビジネス書10000冊を読んだ大杉さんだからこそできる解説

この本ではそんな大杉さんが入社3年目までの新入社員にありそうな悩みに対し解決方法を解説していきます。

具体的には大杉さんが今まで数多くの若手社員から相談された悩みをはじめ、この本の出版が決まってからFacebookのメッセンジャーにて入社3年目までの若手社員の方に聞いた悩みがまとめられています。
その悩みは大きく分けて次の6つです。

  • 仕事の基礎
  • 人間関係
  • 時間術とワークライフバランス
  • 心身の健康管理
  • キャリア
  • 願望実現
  • その他

これらの悩みをさらに細かく分け、それぞれの悩みに対し大杉さんが4つの本の一文を紹介してご自身の経験も交えながら解決方法を解説していきます。

どれも入社して3年までに悩みそうな悩みばかりです。

例えば、その悩みの中には最近話題となっている残業に関する次のような悩みがのっています。

「どうしたら残業を減らせる?」

これに対してある本から次の内容が抜粋されています。

働く時間にも、仕事にも「締切」を設定して、それを必ず守ることでしか仕事の効率は上がらないし、逆にいえば、「締切」を設定して守るだけで、効率は飛躍的に良くなるのだ。
『デッドライン仕事術』(吉越浩一郎・祥伝社黄金文庫)

そして、さらに大杉さんがご自身の例も紹介しながら締切設定の重要さを説明していきます。その本の一節を分かりやすく解説してくれるのです。

また会社で働きだすと必ず悩んでしまうのは次のことです。

「職場の人間関係がうまくいかない。」

この悩みに対してはある本から次の一文が抜粋されています。

人間関係の問題や争いは、「人が自分と同じように世界を見ている」と思い込んでいるところから起こります。
『人の心が手に取るように見えてくる』(出口光・中経出版)

そして、さらに大杉さんが人間とはそれぞれ意見が違うということを認識した上で、どうすればこの意見の差を埋めていけるかということを他の本の一文も抜粋しながら解説していきます。

これは社会人になってあまり本を読んでいない新入社員の人にはありがたいのではないでしょうか。だって実際にその本を読んでいなくても、その本の一部を理解できるのですから。

また、もし紹介されている本の一節が気になれば、実際にその本を買って深く読み直すこともできます。

このように全部で37個の悩みに対して解説されています。本については37個×4冊=148冊の本が紹介されています。大杉さんだからこそできる紹介冊数です。まさに100000冊読んだ大杉さんだからこそできる紹介冊数です。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

この本は入社3年目までの若手社員を対象として書かれています。まさに入社3年目までの若手社員の人にはこの本だけでいろんな悩みに対する答えが得られるでしょう。

しかし入社3年目までの若手社員の人でなくても学ぶところがとても多い本です。

入社3年目までの仕事の悩みに、ビジネス書10000冊から答えを見つけました
▲僕もこんなに付箋を貼ってしまいました!

入社3年目の若手の方はもちろんのこと、若手社員を部下に持つ管理職の方、若手でなくても仕事に悩みがある方におすすめの本です。

また、長年社会人として働いている方でも、あらためて自分の働き方を見直すきっかけになるのではないでしょうか。

とにかく、ビジネスマンの方におすすめの本です!!

 

スポンサーリンク

 

『入社3年目までの仕事の悩みに、ビジネス書10000冊から答えを見つけました』書籍情報

最近の記事はこちら

 

 

 

関連記事

  1. ブック その他

    Amazon Kindleはパソコンで読んだほうがいいと思う3つの理由【ブック・その他】

    僕はよく読書をするのですが、読む本は図書館から借りてきたり、ときに…

  2. 「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる

    ブック 書評

    『「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる』 by 立花 岳志 〜 これからの…

    僕が勝手にメンターとして慕っている立花 岳志さんの新刊『「好き」と「ネ…

  3. 電子ゲームなつかしブック
  4. ブック

    100ブログチャレンジ #100blogsに挑戦します!!【ブログ】

    ブログ記事のアウトプット力(ブログ筋)を鍛え直すため、10月は1ヶ月に…

  5. ブック オーディオブック

    FeBeとAudibleを比べてみよう!【ブック・オーディオブック】

    おとといにこのような記事を書きました。この記事…

このブログの読者になってみませんか?

follow

検索


アーカイブ

  1. ブログ

    9年間ブログを書いている僕がブログを楽しく続ける5つのコツを伝授!【ブログ】
  2. 熊本ブロガー会

    ブログの毎日更新をやめて2週間! 〜 アクセス数からわかった更新頻度の次に大事な…
  3. 世界一やさしいブログの教科書1年生

    ブック 書評

    『世界一やさしいブログの教科書1年生』 by 染谷昌利:ブログ初心者をはじめ、い…
  4. 『伝わる書き方』

    ブック 書評

    『伝わる書き方』 by 三谷 宏治:自分の言いたいことをきちんと伝える書き方が学…
  5. 伝わる文章の書き方

    ブック 書評

    『伝わる文章の書き方』 by 高橋 廣敏 〜 漠然と書いている文章の書き方がスッ…
PAGE TOP