サルタンモスク

シンガポール 旅情報

  公開日:2017/04/13     更新日:2018/03/07

シンガポール国立蘭園からアラブストリート・サルタンモスクを観光! ~ 初めて見るものばかりで大興奮!! [シンガポール旅行記 その2]【旅情報・シンガポール】

 

 

2015年に行ったシンガポール旅行。今回はその旅行記の第2弾になります。

前回の記事はこちら。

今回は第2日目の午前中の様子を紹介していきます。

前回はほとんど移動だけで特に観光はしませんでしたが、2日目から本格的に観光を始めます。

ということで、紹介していきましょう!!

 

スポンサーリンク

 

本格的な観光スタート[シンガポール旅行記 その2]【旅情報・シンガポール】

まずは出発の前の腹ごしらえということで、朝食を。ホテルのレストランの中でいただきました。ビュッフェ形式になっています。東南アジアの国らしく、フルーツ類も豊富にありましたよ!

ステイソル ザ スタンフォード ブュッフェ

▲日本では珍しいドラゴンフルーツも!(写真左上部の白いものがドラゴンフルーツ)

この日はお昼まではツアー会社のほうでスケジュールが組まれていたので、そのスケジュールに沿って観光していきました。

お昼までに観光するところはこのような感じ。

  • シンガポール植物園内国立蘭園
  • アラブストリート・サルタンモスク
  • マーライオン公園
  • スリ・マリアマン寺院

この記事では、このうちの前半 シンガポール植物園内国立蘭園とアラブストリート・サルタンモスクを紹介していきます。

まずは蘭園にバスで移動します。

 

スポンサーリンク

 

シンガポール国立蘭園 ~ 広大な敷地内に数多くの蘭が展示されている場所

シンガポール国立蘭園(The National Orchid Garden)は広さ約52ヘクタールあるシンガポール植物園内(Singapore Botanic Gardens)の一画、約3ヘクタールに常設された有料の蘭園です。6万本以上の蘭が栽培され、2万本以上の蘭が展示されているそうです。

シンガポール植物園_マップ

▲これが植物園でもらえるマップです。かなり広大ですね。

植物園に着いてから蘭園まではしばらく歩いていきます。歩いている途中には東南アジアらしい景色が!

シンガポール植物園

▲同じツアー客の皆さんとうっそうとおい茂る木々のなかを歩いていきます。

シンガポール植物園

▲途中にはこんな変な植物も。なんか形がグロテスク……

シンガポール国立蘭園

▲そして歩くこと5分、ようやく蘭園に着きました。

シンガポール国立蘭園_噴水

▲園の中に入ると鶴のオブジェがある素敵な噴水が出迎えてくれます。

園内には珍しい蘭の数々が。

シンガポール国立蘭園_蘭

▲鮮やかなピンク色の蘭もあれば…

シンガポール国立蘭園_蘭

▲緑色と黄色が混ざっている色の蘭もあります。

シンガポール国立蘭園_蘭

▲こんな珍しい形の蘭も!

シンガポール国立蘭園_蘭

▲これは有名な胡蝶蘭ですね。

このほかにも本当にたくさんの蘭が展示されています。こんなにもたくさんの蘭があるのかとびっくりしてしまいます。

今回はツアーだったので1時間くらいで回りましたが、園はかなり広大なのでゆっくり見るには最低でも2、3時間は必要でしょう。

蘭園観光のあとはアラブストリート・サルタンモスクに移動しました。

 

スポンサーリンク

 

アラブストリート・サルタンモスク ~ 日本では見られない広大なモスクの礼拝堂が圧巻!

サルタンモスクに着く前に近くにあるマレー・ヘリテージ・センター(Malay-Heritage-Centre)の近くで降ろされました。

マレー・ヘリテージ・センター

▲これがマレー・ヘリテージ・センターです。

シンガポールは中華系、マレー系、インド系の民族からなる複合民族国家なのですが、このマレー・ヘリテージ・センターはその民族の一つであるマレー系民族の歴史や文化について展示している博物館です。ただ、今回は観光対象ではなかったため、ここは素通りしました。

そしてここからしばらく歩くとアラブストリートが!

アラブストリート

▲アラブストリートはマレー系イスラム教徒が行きかう通りです。この日は着いたのが少し早い時間だったのでほとんど人はいませんでした。

アラブストリート

▲これは別の通りを撮ったところ。通りに植えられているヤシの木が東南アジアっぽいですね。

アラブストリート

▲なんとこのアラブストリートにはセブンイレブンも!

そして、このアラブストリートの近くにあるのがサルタンモスク(Sultan Mosque)です。

サルタンモスクはアラブストリートのシンボルで、イスラム教徒のお祈りの場所です。

サルタンモスク

▲巨大な金のドームが目立ち、とてもきれい!

このときはお祈りの時間ではなかったため、礼拝堂に入ることができました。入場する人の名前・国籍・入場者人数を記帳して入ります。

サルタンモスク

▲礼拝堂はかなり広大で圧巻!なんと最大で5000人収容できるそうです。

サルタンモスクの観光を終え、再びバスに乗るため移動。その途中でこんな面白い看板を見つけました。

シンガポール注意書き

▲右のメッセージは”NO SMOKING”(たばこを吸うな!)で日本でもよく見られる注意書きですが、左側を見てください!“NO DURIANS”(ドリアンを持ち込むな!)ですよ!思わず笑ってしまいました。

実はドリアンはシンガポールの国民的フルーツで、スーパーなどにも普通に売られています。シンガポールの国民にとってはこの注意書きは真剣なものなのでしょうね。

 

スポンサーリンク

 

あとがき

このあと、マーライオン公園に移動しますが、今回はここまで。

2時間半ほどの観光でしたが、どれも初めて見るものばかりでとても興奮し、楽しめました。

このあともまだまだ楽しいところが続きます。

この後の記事も乞うご期待!!

 

スポンサーリンク

 

その他のシンガポール旅行記はこちら!

 

 

スポンサーリンク

 

シンガポール旅行のお供にどうぞ!

 

最近の記事はこちら

 

 

 

 

関連記事

  1. 鉄×馬Dining Jero 店内
  2. 第1回 熊本ローカルメディア交流会案内

    地域情報

    「熊本ローカルメディア交流会」に参加してみて感じたこと

    昨日、熊本市内で行われた「熊本ローカルメディア交流会」に参加してき…

  3. タンクマロゴ

    地域情報

    熊本のタウン情報誌「タンクマ」最新号のクーポンがすごいことになっている件【地域情報・熊本】

    熊本のタウン情報誌 『月刊タウン情報 クマモト』 の最新号である2…

  4. ANAクラウンプラザホテル熊本ニュースカイ 外観
  5. 地域情報

    熊本のローカル番組は地域色が出ていて、なんかほっこりする!【地域情報・熊本】

    熊本に引っ越してきてもうすぐで2ヶ月です。テレビ番組も熊本…

このブログの読者になってみませんか?

follow

おすすめ記事

  1. 電子ゲームなつかしブック
  2. 高菜漬け
  3. 熊本市電

検索


アーカイブ

  1. 伝わる文章の書き方

    ブック 書評

    『伝わる文章の書き方』 by 高橋 廣敏 〜 漠然と書いている文章の書き方がスッ…
  2. ブログサポートサービス

    以前から始めようと思っていたブログメンテナンスサービスを開始しました!【ブログ】…
  3. 第3回 熊本ブロガー会

    熊本ブロガー会

    第3回 熊本ブロガー会を開催! 〜 テーマは「ブログを楽しんで続けていくコツ」。…
  4. ブログサポートサービス

    2人目のブロガーさんにブログメンテナンスサービスを提供させてもらいました!【ブロ…
  5. 『伝わる書き方』

    ブック 書評

    『伝わる書き方』 by 三谷 宏治:自分の言いたいことをきちんと伝える書き方が学…
PAGE TOP