山うにとうふパッケージ

グルメ

山うにとうふ~熊本のおいしい食べ物シリーズ その12:ふんわりとした食感と磯の風味が感じられる美味な食べもの【グルメ・熊本】

熊本を応援しようと熊本のおいしい食べものを紹介しているこのシリーズ。すでに第12弾となりました。

今回、紹介するのはお土産としても、おつまみとしても、さらに食材としてもおすすめできる「山うにとうふ」です。

名前からは”山のもの?”、”海のもの?”、はたまた”両方をあわせたもの?”と想像つきませんが、実際は……

特に名前に”うに”と入っているのが気になりますね。

では、早速、紹介していきます!

 

スポンサーリンク

 

山うにとうふ~熊本のおいしい食べ物シリーズ その12:ふんわりとした食感と磯の風味が感じられる美味な食べもの

今回、紹介する「山うにとうふ」熊本県球磨郡五木村にある有限会社 五木屋本舗で製造されている商品です。

では、まず実物を見てもらいましょう。

山うにとうふパッケージ

▲まずはパッケージから。これだけ見てもちょっと分かりませんね。

山うにとうふ包装

▲箱を開けると中にはさらに容器に入れられています。まだこれだけでは分かりません。

山うにとうふ

▲そして、容器から出すと「山うにとうふ」の登場です。見た目はチーズと豆腐が合わさったような感じ。

実はこの「山うにとうふ」は”豆腐の味噌漬け”なのです。実際には「うに」は入っていません。

では、なぜうになのか?それは食感と風味がまさしくうにのようなのです。ふんわりとした食感と少し磯の風味が感じられます。

これがまたお酒にも合うのです。特に日本酒との相性はバッチリです。

 

スポンサーリンク

 

購入できるところ

山うに豆腐は取り扱い店舗で購入することができます。

熊本県内ですと、本店がある五木村をはじめ、熊本城近くにある「桜馬場城彩苑」、熊本駅内の売店、空港内の売店や熊本市内の繫華街にあるデパート「鶴屋百貨店」、そして県内にある物産館で購入できます。

熊本県内以外でも東京や大阪、名古屋、京都、岡山の高島屋や東京の熊本物産館、そして福岡の五木屋本舗でも購入できます。

またネット販売もしています。詳しくはこちらの五木屋本舗のホームベージをご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

おすすめの食べ方

先ほども書いたように一番よい食べ方はお酒を飲みながらちびちびと食べる方法でしょう。日本酒には本当に合います。

一度、福岡の交流会にお土産として持参したことがあるのですが、皆さん日本酒に合うと絶賛していました。

お酒が苦手の人はパスタやたまご焼きなどに入れてみるのもいいでしょう。パスタに入れるとまさにうにパスタになります。他にもフランスパンやクラッカーにつけたり、おにぎりにぬって焼きおにぎりにしたり、たまごかけご飯に添えたりといろいろな食べ方があります。

うに豆腐を使ったレシピがこちらのホームベージに掲載されていますので確認してみてください。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

飲食店には置いていないため、なかなかお目にかかれない「山うにとうふ」ですが、一度食べてみるとその味のとりこになること間違いなしです。

お酒のお供におすすめですが、その他にもいろんな食べ方がありますので、ぜひ購入して、一度味わってみてください。

また、オリジナルの他にも、ゆず味、唐がらし味、はたまた豆腐ちーずもありますので、オリジナルではまった人はいろんな味を楽しんでみるのもおすすめです。

「山うにとうふ」おすすめです!!

 

スポンサーリンク

 

これまで紹介した熊本のおいしい食べ物もいかが?

最近の記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

 

スポンサーリンク

 

 

こちらの記事もどうぞ!

 

このブログの読者になってみませんか?

follow

おすすめ記事

  1. 手打百藝 中の森
  2. あさり

検索

アーカイブ

 

スポンサーリンク

 

  1. 「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる

    ブック 書評

    『「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる』 by 立花 …
  2. ブログサポートサービス

    2回目のブログメンテナンスサービスを実施! ブログのSSL化をメインに【ブログ】…
  3. ブログ

    10月からアクセス数が落ち始めていた原因の一つはAMPプラグイン?【ブログ】
  4. ブログ

    ブログとはなんぞや?ブログの基本的なことについて 〜 ブログの楽しさを伝えるシリ…
  5. 第3回 熊本ブロガー会

    熊本ブロガー会

    第3回 熊本ブロガー会を開催! 〜 テーマは「ブログを楽しんで続けていくコツ」。…
PAGE TOP