グルメ

奴寿司(熊本県天草市):予約は必須!地元の魚を活かした醤油を使わないお寿司の数々は絶品の一言[2017年熊本・天草旅行記 その4]【グルメ・熊本】

天草旅行で本渡港に着いてすぐに行ったお寿司屋奴寿司(やっこずし)をご紹介!

熊本・天草は島全体が海で囲まれている地域。

今回紹介する『奴寿司』では、その天草の海で取れた魚の素材を生かした寿司の数々をいただけます。

その寿司は本当に絶品の一言に尽きます。

では、この『奴寿司』を紹介していきましょう!

奴寿司(熊本県天草市):予約は必須!地元の魚を活かした醤油を使わないお寿司の数々は絶品の一言

今回、紹介する「奴寿司」熊本県天草市の本渡港近くにあります。

お店の前にはバス停や駅がないため、バスで最寄りのバス停まで行き、そこから歩いていけます。バス停からは歩いて5分ほどです。(最寄りのバス停はバスでのアクセスをご確認ください)

また、天草市街から船で来た場合には、本渡港から直接歩いて行くこともできます。この場合は10分ほどかかります。

お店は道路沿いにあるため、分かりやすいです。

奴寿司
『奴寿司』入り口。シンブルな店構え。

「予約のみ」と看板が出ているように予約をしないとなかなか入れないお店です。

店内に入ると大将が威勢のいい声で出迎えてくれます。

店内の様子

店内はテーブル席が10席、カウンター席が6席、そのほかに20名ほど収容可能な個室があります。

奴寿司 店内
店内の様子。カウンター席前の朱色の壁が印象的。

右側にいらっしゃるのが大将です。

奴寿司 座席
テーブル席も朱色を中心とした配色

案内された席に座ると、すでにお箸と小皿がセッティングされていました。

奴寿司 テーブル上

お寿司屋というとちょっと緊張感のある雰囲気があるものですが、この『奴寿司』ではそのような印象はありませんでした。

メニュー

ランチメニューは次のようになっていました。(2017年5月時点)

  • おまかせ(十二貫):6,000円
  • 松(十二貫):4,000円
  • 竹(八貫) :3,200円
  • 梅(八貫) :2,200円
※全て税別

この中からいただいたお寿司をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

食材の素材を生かしたお寿司の数々

このお店のお寿司は基本的に醤油を使わず、塩やゆず胡椒などでいただきます。

お寿司は四貫ずつ提供されます。

奴寿司 お寿司
まず最初に提供された四貫

それぞれ一貫ずつ見ていきましょう。

奴寿司 たこ

まずはたこから。ネタには胡麻塩黒七味唐辛子が振りかけられています。

塩がたこの素材本来の味を引き立ててくれます。黒七味唐辛子もたこの邪魔をせず、ちょっとしたアクセントに。

醤油でいただくお寿司とは違った味わいです。

奴寿司 いか

続いて、いかうに塩でいただきます。これもいか本来の味が味わえ、ほどよい歯ごたえの食感が味わえます。

奴寿司 あら

あら(くえ)です。海藻塩でいただきます。

あらと言えば高級魚ですが、これが寿司で食べられてうれしいです。味は淡泊ですが、少し弾力もあっておいしいです。

奴寿司 うに

そして、うに。わさびがついていて醤油をつけてもいいですが、うに本来の味を味わうのであればつけないほうがおすすめです。

続いて新たに四貫が。

奴寿司 石鯛

石鯛です。上にのっているのは刻み山椒

鯛はくせもなくさっばりといただけます。お寿司に刻み山椒というなかなかない組み合わせですが、山椒がよいアクセントになっています。

奴寿司 こはだ

続いて、こはだ白板昆布がのせられています。酢のしめ加減がちょうどいいです。

奴寿司 あじ

あじです。上にのっているのはゆず胡椒。ゆず胡椒のピリ辛さがあじのうまみを引き立てます。

奴寿司 ふぐの炙り

そして、ふぐの炙り。ふぐの身がふわふわとしていて口のなかでとろけます。

奴寿司 赤だし

ランチには赤だし汁がつきます。赤だしの味がいい感じです。

奴寿司 和三盆

最後にはデザートとして和三盆が。ほどよい甘さで上品な味です。

奴寿司 ~ お店に行く前に!

おまかせではなく一貫ずつ注文することもできますが、まずはおまかせでこのお店のお寿司を味わってみることをおすすめします。

今回はテーブル席でしたが、カウンター席に座っている方々は大将といろいろとお話しながらいただいていました。

大将の話も楽しそうなので、カウンター席もおすすめです。

また、かなりの人気店のため、必ず予約して行ってください!

 

スポンサーリンク

 

奴寿司 〜 ぐう的感想

この『奴寿司』は、芸能人もたくさん訪れるという熊本県天草市ではかなり人気のお寿司屋さん

なので、なかなか予約も取りづらいのですが、今回は運よく行くことができました。

かなりの人気店ということもあり、味は間違いありませんでした!

醤油をつけないので魚本来の味を味わうことができ、寿司それぞれで薬味が変わっているので、それも楽しむことができます。

とにかく「絶品!」の一言でした!

まとめ 〜 熊本県天草市に来たらぜひ訪れて欲しいお寿司屋さん

今回は、熊本県天草市にあるお寿司屋『奴寿司』を紹介してきました。

今回は「おまかせ」と「松」、そして「茶碗蒸し」を頼んで11,124円でした。

天草の魚を生かしたお寿司は一品、一品が本当に丁寧に握られており、絶品の一言です。

人気店なのでなかなか予約を取りづらいですが、熊本県天草市に来た際にはぜひ食べてみてください!

おすすめです!!

 

スポンサーリンク

 

奴寿司 お店情報

ではあらためて、『奴寿司』の店舗情報をご紹介します。

奴寿司 〜 詳細情報

店名:奴寿司(やっこずし)
住所:〒863-0033 天草市東町76-1
電話番号:0969-23-4055
営業時間:12:00〜14:00(L.S) 18:00〜21:00(L.S) 木曜日の夜営業無 日曜営業
定休日:月曜日 ※月曜日が祝日の場合営業。翌火曜日が休み。
予約:予約可
クレジットカード:カード可(JCB、AMEX、Diners)
席数:36席 個室あり2名〜20名
駐車場:あり(10台)
ホームページ:

https://www.t-island.jp/gourmets/p3767

『奴寿司』食べログ情報はこちら

マップ・アクセス

バスでのアクセス

九州産交バス のってみゅうかー(南部廻り)01/天草中央総合病院バス停から徒歩4分

九州産交バス 熊本〜天草(あまくさ号)/天草中央総合病院前バス停から徒歩5分

九州産交バス 本渡バスセンター〜ジャスコ・魚貫〜牛深港01/天草市民センターバス停から徒歩5分

熊本・天草旅行について書いているこちらの記事もどうぞ!

 

スポンサーリンク

 

熊本旅行のおともにどうぞ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ばってんの湯東区江津 天然温泉 ばってんの湯 ~ 江津湖に近く観光がてらふらっと立ち寄れる。肌触りがよくぽかぽかな泉質がいい!【地域情報・熊本】前のページ

ブロガーのみなさん、熊本でローカルメディア交流会が開催されますよ!!6月3日(土)開催【地域情報・熊本】次のページ第1回 熊本ローカルメディア交流会案内

 

こちらの記事もどうぞ!

 

このブログの読者になってみませんか?

follow

おすすめ記事

  1. 久留米市 赤垣屋
  2. 20180423立花岳志さん福岡セミナー
  3. 豚バラ串
  4. 入社3年目までの仕事の悩みに、ビジネス書10000冊から答えを見つけました

検索

アーカイブ

おすすめ旅行サイト

・Trip-Partner

 

・ぷらたび(https://platabi.com

 

スポンサーリンク

 

PAGE TOP