グルメ

熊本郷土料理 青柳(熊本市中央区下通1丁目):熊本名物・馬刺しや郷土料理など数々の素晴らしい料理が味わえる老舗和食店【グルメ・熊本】

 

熊本名物として有名な馬刺し。 また、からし蓮根ひともじのぐるぐるなどといった熊本の郷土料理もあります。

そんな熊本の名物や郷土料理を味わえるお店はたくさんありますが、今回紹介する『 熊本郷土料理 青柳(あおやぎ)』はそのなかでも別格。

その創業は昭和24年という老舗中の老舗和食店なんです。

馬刺しや熊本郷土料理を味わえるのはもちろんのこと、有明海や天草灘で水揚げされた魚を使ったお刺身やお寿司などもいただけるお店です。

この記事ではこの『熊本郷土料理 青柳』のお店を紹介するとともに、僕が実際に訪れて飲食した際の感想などをレポートしていきます!

 

青柳は熊本市の中心街 下通から路地に入ってすぐ

青柳入り口

今回紹介する『熊本郷土料理 青柳』は、熊本市の中心街・下通 アーケードから路地に入ってすぐのところにあります。

お店は通り沿いにあるので分かりやすいです。

市電の電停やバス停も近いため、交通アクセスも問題ありません。

 

昭和24年創業の老舗和食店

青柳の創業は昭和24年。馬刺しや馬肉料理など熊本名物や熊本の郷土料理、魚介を使った伝統的な料理をいだだけるお店です。

老舗和食店ですが、建物は建て替えられたようでとてもキレイ。高級感も感じられます。

メニューは熊本の郷土料理中心

メニューには一品料理、コース料理があります。どちらも熊本の郷土料理を中心とした料理が。その一部をご紹介。

 

熊本の郷土料理

  • 桜うまか盛り(馬刺しの盛り合わせ):6,000円
  • からし蓮根:800円
  • ひともじのぐるぐる:600円
    ひともじとは、わけぎの一種で小ねぎのような食感がある野菜。ひともじのぐるぐるはこれを茹でて、酢味噌でいただく料理。
  • 特上馬にぎり(一貫):660円
 

郷土料理以外

  • 特上にぎり(9貫):3,800円
  • 元祖五目釜めし:1,500円
 

コース料理

  • 郷土会席:6,600円より
  • 季節会席:6,600円より
 

老舗和食店だけあり料金ややや高めですが、それだけの美味しい料理が味わえます。

 

様々な食材を使った美しく素晴らしい料理の数々

ここからは僕が実際にお店に訪れた際の料理などを紹介します。

お店を訪れたのは、2022年8月7日(日)。奥さんのご家族の皆さんと一緒に訪れました。

 

青柳 店内

店内入ってすぐのところには様々なお酒が入った保管庫が。このお店の女将さんは利き酒師でもあるそうで、料理に合ったお好みのお酒をおすすめしてくださるそうです。

 

店内にはカウンター席テーブル席大広間特別室が用意されていますが、この日は個室に案内されました。

青柳 個室

装飾が素敵な個室です。

 

この日はコース料理を予約。今回のおしながきはこちらです。

青柳 おしながき

野菜、お魚、お肉をまんべんなくいただけるコース。熊本名物である馬肉を使った馬ヒレステーキもあります。 

 

では、いただいた料理を一つずつ紹介していきましょう。

青柳 前菜

まずは前菜。小料理屋が6品盛り付けられています。

盛り付け方が美しいですね。

前菜ということで味付けはあっさりめ。それぞれの食材のいろんな食感を味わえました。

 

青柳 刺身三種盛り

続いて、刺身三種盛り。どの魚もとても新鮮でした。

 

青柳 牡丹鱧
こちらは牡丹鱧(ぼたんはも)。鱧のほかに梅肉、冬瓜が入ったお吸い物。鱧はフワフワとした食感。出汁のうまみが感じられて、とても美味でした。

 

青柳 マナガツオ幽庵焼き
引き続き魚料理で、マナガツオの幽庵焼き

僕の不勉強で幽庵焼きなるものを知らなかったんですが、調べてみたところによると、「幽庵地」と呼ばれる調味液に魚を漬け込んで焼く魚の付け焼きとのこと。幽庵地は酒と醤油、みりんをベースに柑橘系の果物の果汁を加えて作られるのだとか。

確かに食べてみると、みりん漬けとは違う、柑橘系の香りも感じられました。

魚の身もふっくらとしていて、とてもおいしかったです。

 

青柳 無花果と自家製ごま豆腐揚げ出し

続いて、ちょっと珍しい 無花果(いちじく)と自家製ごま豆腐揚げ出しを。いちじく、揚げ出し豆腐のほかにゴーヤ、赤パプリカなども入っています。

様々な食材が入っていて、いろんな食感を味わえました。

 

ここまでは魚料理が中心でしたが、次は肉料理が。

青柳 馬ヒレステーキ

馬ヒレステーキです。熊本名物である馬肉を使った料理。

しっかりとして歯ごたえがありながらも、固すぎない食感。

食べごたえのある肉料理でした。

 

青柳 鰻の釜飯と茄子の味噌汁

そして、最後に鰻の釜飯茄子の味噌汁をいただきました。

鰻の釜飯というのはなかなか珍しいです。甘辛いタレの風味がご飯に染みこんでいて、とっても美味でした。

 

どの料理も丁寧に作られていて、老舗和食店ならではの素晴らしい料理の数々でした。

 

熊本郷土料理 青柳 ~ ぐう的感想とおすすめポイント

老舗和食店ということで、いただいた料理の味はもちろんですが、すべての料理の盛り付け方が美しく、どれも素晴らしいものばかりでした。

今回コースでいただいた熊本郷土料理としては馬ヒレステーキだけでしたが、鱧や鰻など高級食材を使った料理もいただけて大満足でした。

また、館内は落ち着いた雰囲気で、ゆったりと食事ができました。

 

お値段的には高めですが、お祝いごとの会食など、ちょっと落ち着いた雰囲気で食事をしたい時におすすめです。

熊本郷土料理 青柳 ~ お店情報

詳細情報

店名:青柳(あおやぎ)
住所:熊本市中央区下通1丁目2-10
電話番号:0120-898925
営業時間:昼の部 11:30~14:00 (オーダーストップ同時刻)、夜の部 17:00~22:00(オーダーストップ21:00)
定休日:12/31 ~ 1/1
予約:予約可
クレジットカード:カード可(VISA、JCB、AMEX、Diners)、電子マネー可
席数:265席(カウンター15席 テーブル100席 宴会150席)
駐車場:なし
ホームページ:

http://aoyagi.ne.jp/

 

マップ

 

アクセス

電車でのアクセス

熊本市電2系統 / 通町筋電停から徒歩3分 熊本市電2系統 / 熊本城・市役所前電停から徒歩5分 熊本市電2系統 / 花畑町駅電停から徒歩5分

バスでのアクセス

通町筋バス停から徒歩5分

 

2023年1月のまとめ:仕事の忙しさが影響して思うようにアウトプットできず、インプットもいまいちだった1カ月前のページ

仕事は前週同様にそれほど忙しくなく、週末はコンサート鑑賞や居酒屋開拓ができ楽しめた1週間:ぐうの東京生活1363〜1369日目[2023年1月30日(月)〜2月5日(日)]次のページ

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの読者になってみませんか?

follow

おすすめ記事

  1. 熊本市の繁華街ガイド
  2. 第10回熊本ブロガー会コラボイベント
  3. ブログ
  4. 熊本市民会館復活ライブ

検索

アーカイブ

 

 

PAGE TOP