ハウステンボス 光の王国

地域情報

長崎県佐世保市ハウステンボスの「光の王国」はすごかった!広大な敷地に広がるイルミネーションは圧巻!!【地域情報・長崎】

 

 

長崎県佐世保市にあるハウステンボスにて、現在「光の王国」が開催されています。

その広大な敷地内に広がるイルミネーションは圧巻の一言です。

ここではその「光の王国」の魅力を紹介するとともに、開催期間や料金、点灯時間などを紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

ハウステンボスについて

ハウステンボスは長崎県佐世保市にあるヨーロッパ全体をテーマとしたテーマパークです。主にオランダの街並みを再現しており、園内に入るとまさにオランダにいるような感覚になります。

敷地面積はなんとあの東京ディズニーランドの1.5倍。単独テーマパークとしては日本最大の規模を誇っています。

今は大変人気があるハウステンボスですが、一時期は客足が衰え、会社更生法の適用を申請した時期がありました。その後、2010年からはエイチ・アイ・エスが中心となり経営再建を開始。今では来園数290万人ほどになるまで復活しています。

園内には約50ものアトラクションがあり、いろんな楽しみ方ができます。また、周囲や園内にはヨーロッパをイメージしたオフィシャルホテルがあり、宿泊して楽しむこともできるテーマパークです。

ホテルオークラ JRハウステンボス

駐車場近くにはホテルオークラ JRハウステンボスがそびえ立っています。このようにヨーロッパをイメージさせるようなホテルがあります。

 

スポンサーリンク

 

「光の王国」とは?

今回紹介する「光の王国」とは、ハウステンボスで2010年から始まった毎年11月頃に開催されるイルミネーションイベントです。

なんとこのイベント、毎年発表される全国イルミネーションランキングで2013年から5年連続で1位をとっているのです。

世界最大の1,300万個球を使ったイルミネーションは素晴らしくてとてもキレイです。

そんな「光の王国」を紹介していきましょう!

 

スポンサーリンク

 

光の王国の素晴らしいイルミネーションの数々

「光の王国」でのイルミネーションの数々を紹介。

ちゅーりーちゃん

入園するとハウステンボスのゆるキャラ「ちゅーりーちゃん」がお出迎え。チューリップの妖精だそうです。

光の王国

テディベアキングダムに続く橋から見える景色。夕暮れどきで幻想的な雰囲気。

テディベアキングダム

 

テディベアキングダム

入園してしばらく歩くと見えてくるのが「テディベアキングダム」。世界のメーカーベアやアーティストベアを数多く展示してあるテディベアの美術館です。黄金色のライトアップが素敵ですね。

レインボーフラワーガーデン

 

レインボーフラワーガーデン

しばらく歩くと見えてくるのが「フラワーロード」。オランダの田園風景を模したエリアです。そこに咲いている花たちをライトアップしたのが「レインボーフラワーガーデン」です。カラフルな色合いでとてもきれいですね。

レインボーフラワーガーデン

別の方向から見た風景。なにか幻想的な風景ですね。

光の観覧車

 

白い観覧車

全面白でデザインされた観覧車も夜はライトアップ。夜ももちろん乗車できます。ただし、700円の料金が必要です。

光のアートガーデン

 

光のアートガーデン

これまでの華やかなライトアップから一転してブルー一色にライトアップされた「光のアートガーデン」。中には馬車も。

光のアートガーデン

別の角度から。中は迷路のようになっています。

光のアートガーデン

光のアートガーデンにはワイングラスをモチーフにしたようなライトアップもあります。

光のどうぶつえん

 

光のどうぶつえん

光の王国には動物園もあります。ライトアップされた動物たちがたくさんいます。

光のどうぶつえん

なかには、今話題のパンダも。

光のロボット ドランゴショー

 

光のロボット ドラゴンショー

全長13m高さ6.5m、世界最大・世界初の輝くドラゴンのロボットが動きます。(真ん中の青い像がドラゴンです)本物の火も噴きます。

光と噴水の運河

 

ハウステンボス内には運河が流れています。その運河もライトアップされています。レインボーの噴水も上がっていてとてもきれい。

光の滝・ブルーウェーブ

 

ハウステンボスのシンボルタワーである「ドムトールン」から流れ落ちるイルミネーションの滝。プロジェクションマッピングで描かれた滝は圧巻です。

アムステルダムシティ

 

アムステルダムシティ

「アムステルダムシティ」はヨーロッパの街並みが広がる音楽とショッピングが楽しめるエリアです。ここにある建物も美しくライトアップされています。

ドムトールン

 

Domtoren

ハウステンボスのシンボルタワーである「ドムトールン」もライトアップ。紫色のイルミネーションが幻想的です。

 

スポンサーリンク

 

「光の王国」開催期間・営業(点灯)時間・料金

「光の王国」の開催期間などは次のようになっています。

【開催期間】

2017年11月3日(金) 〜 2018年5月6日(日)

【営業時間】
9:00 〜 22:00(最終入園:21:00)
※時期により異なります。

→詳しい営業時間をチェック

【点灯時間】

日没後 〜 営業終了

【休園日】
なし

また、この「光の王国」を観覧するには、ハウステンボスへの入園が必要です。

入園料金は次のようになっています。


【料金】

・1WAYパスポート(ハウステンボス入場+約50のアトラクション施設利用) 
 [大人] 6,900円
 [中人] 5,900円
 [小人] 4,500円
 [シニア]6,400円

・散策チケット(ハウステンボス入場のみ)
 [大人] 4,400円
 [中人] 3,400円
 [小人] 2,100円
 [シニア]4,400円

・光の街アフター5パスポート(17時以降のハウステンボス入場+約50のアトラクション施設利用+光の宮殿入館)
 [大人] 4,900円
 [中人] 4,100円
 [小人] 3,200円
 [シニア]4,400円

・光のナイト散策チケット(17時以降のハウステンボス入場のみ)
 [大人] 4,000円
 [中人] 3,000円
 [小人] 2,000円
 [シニア]3,900円

「光の王国」だけを観覧するのであれば、光の街アフター5パスポート、光のナイト散策チケットがおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

「光の王国」を見に行くには

「光の王国」が開催されているハウステンボスまで行くには、飛行機や電車が便利です。

各地域からのアクセスはこちらを確認ください。

また遠方から来る場合にはパックツアーが安くて便利でしょう。

ハウステンボスはHISグループに属しているので「HISハウステンボスツアー」をおすすめします。大手の旅行会社であるため安心でツアーの種類も豊富です。料金も格安です。

また、HISならではの特別企画もあります。

「光の王国」を観に行きたくなった人はぜひHISのツアーを利用してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

光の王国 〜 まとめ

この記事ではハウステンボスで開催されている「光の王国」を紹介してきました。

ハウステンボスの広大な土地に広がる1,300万球のイルミネーションは本当に圧巻です。

街なかのイルミネーションとはまったく異なるキレイさです。

ぜひ一度、観覧してみることをおすすめします!!

 

スポンサーリンク

 

ハウステンボス情報

ハウステンボスの情報は次の通りです。

また遠方からはツアーがおすすめです。

 

最近の記事はこちら

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

 

 

 

こちらの記事もどうぞ!

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの読者になってみませんか?

follow

おすすめ記事

  1. 博多水炊き 大和 水炊き
  2. 上乃裏通り

検索

アーカイブ

  1. ブログの楽しさを伝えるシリーズ

    ブログ

    ブログは自分を表現するツールである! 〜 ブログの楽しさを伝えるシリーズその2
  2. 『伝わる書き方』

    ブック 書評

    『伝わる書き方』 by 三谷 宏治:自分の言いたいことをきちんと伝える書き方が学…
  3. 熊本ブロガー会

    ブログの毎日更新をやめて2週間! 〜 アクセス数からわかった更新頻度の次に大事な…
  4. 熊本ブロガー会

    僕が熊本ブロガー会を開催し続ける3つの理由【ブログ/熊本ブロガー会】
  5. 第10回熊本ブロガー会コラボイベント

    熊本ブロガー会

    第10回 熊本ブロガー会開催レポート ~ 初のコラボイベントはとても盛り上がり素…
PAGE TOP