エッセイ

初めて質屋でモノを買い取ってもらった話

どうも、ぐう(@Gu_taro)です!!。

今日質屋にモノを買い取ってもらおうと、初めて行ってみました。

初めて行ってみると新しく知ることがあるものです。

今日も質屋に行ってみて初めて知ったことがありました。

 

スポンサーリンク

 

初めての質屋へ!

ちょっと入りづらい雰囲気でしたが、すっと入ってみることに。

すると店員さんが誰もおらず。室内には何故かヒップホップ調の音楽が流れていました。

しばらくして女性の店員さんが。話しやすい感じの方で良かったです。

そして、今日買い取って欲しいモノを渡しました。

今回買い取って欲しかったものは、父親が若い頃使っていたキャノン製のフィルムカメラ

そして、もう一つが僕が高校生の頃に使っていたシャープのポケットコンピュータ(というもの自体を知らない人も多いでしょう。簡単なプログラムができる小型のパソコンと思ってもらえばいいです)です。

カメラについては先日、中古カメラ屋さんに査定してもらい900円以下と聞いていたので、このくらいの値はつくかなと思っていたのですが、ポケットコンピュータのほうは検討もつかず。一応、今でも使える状態だったので1,000円くらいの値はつくかなと思っていました。

その後、店員さんが査定するため奥の部屋に行きました。そして、しばし待つことに。

5分くらいは待ったでしょうか。

店員さんが戻ってきて、査定結果を告げられました。

カメラのほうは「査定額がつかず」でした。かなり古いカメラでメンテナンスも必要なのでということでした。

そして、もう一つのポケットコンピュータのほうは「600円」でした。

この査定額を聞いた時には、ちょっとがっかりしましたが、その後店員さんが言われた言葉に「えっ?」と思ってしまいました。

「交渉次第で1,000円くらいにはできるかもしれません」

交渉ってなんだろう?と思いましたが、これまでハードオフでしか買い取ってもらったことがなかった僕にとってはこの言葉は驚きでした。質屋って交渉次第(と言っても僕は特に何もしていないのですが……)で査定額を上げてもらえるんですね。

僕が「1,000円くらいはと思っていたので」と伝えると、店員さんは再び査定しに奥の部屋に行ってしまいました。

そして、しばらくして店員さんが戻ってきて、「1,000円で大丈夫です!」と言われました。

カメラの査定がつかなかったのは残念でしたが、ポケットコンピュータは予想していた範囲内だったので満足でした。

査定がつかなかったカメラは他に売れるところがあるかもしれないので持ち帰ることに。

そんなこんなで初めての質屋体験が終了したのでした。

 

スポンサーリンク

 

質屋に行ってからの初めての気づき

今日質屋に行ってみて気づいたこと、それは……

「質屋の査定額は交渉次第でアップしてもらえる」

ということです。

これまでハードオフに買い取ってもらっていた僕としてはそんなことかできることを知りませんでした。

ハードオフの査定額には毎回怒りを通り越して呆れてしまっていたので、質屋でこんなことができることを早く知っていればと思ってしまいました。

これからは質屋で買い取ってもらえそうなモノはこっちに持っていこうと思います。

やはり何でも経験することは大事ですね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
 

こちらの記事もどうぞ!

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの読者になってみませんか?

follow

おすすめ記事

  1. 御飯の友
  2. 自転車で写真で楽しむ旅トークショー
  3. 一燈灯 博多とんこつ
  4. あたなのままで奇跡を起こす!

検索

アーカイブ

 

スポンサーリンク

 

  1. 「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる

    ブック 書評

    『「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる』 by 立花 …
  2. 伝わる文章の書き方

    ブック 書評

    『伝わる文章の書き方』 by 高橋 廣敏 〜 漠然と書いている文章の書き方がスッ…
  3. ブログ

    ブログで生活が充実する! 〜 ブログの楽しさを伝えるシリーズその3
  4. ブログ

    9年間ブログを書いている僕がブログを楽しく続ける5つのコツを伝授!【ブログ】
  5. ブログの楽しさを伝えるシリーズ

    ブログ

    ブログは自分を表現するツールである! 〜 ブログの楽しさを伝えるシリーズその2
PAGE TOP