ブログノウハウ

ブログを読んでもらうために僕が記事公開前にチェックする3つのこと【ブログノウハウ】

僕はかれこれ10年以上ブログを続けています。

グルメネタや地域情報ネタ、そのほか僕の考えを書いている記事だったりと様々なジャンルの記事を書いてきました。

ただ、どんな記事であっても公開する前にチェックしていることがあります。

それはブログを読んでくれる方への配慮のためです。このことに気をつけていないと、読者の人も離れていってしまう可能性のある大事なことです。

今回は、その僕が公開前に大事なことを3つ紹介していきます!

ブログを読んでもらうために僕が記事公開前にチェックする3つのこと【ブログノウハウ】

僕がブログを公開する前にチェックしていることは3つあります。どれもブログを読んでもらうためには大事なことです。

それぞれ説明しましょう!

① 記事内容が情報を提供している、もしくは考えやアイデアを想起させるものであるか

基本的に僕はブログを通して情報発信する、もしくは記事を読んでくれた方になにかを思ったり、考えたりするきっかけを与えるようにしたいと考えています。

そのため、そのような内容ではない記事は書かないようにしています。

ときどき、僕の目標などを書くときがありますが、これは僕自身の情報を発信する意味で書いています。

ブログ記事によって何らかの情報や考えやアイデアを想起させる内容になっているかチェックした上で、公開するようにしています。

② 自己満足の批判だけになっていないか

ときどき誰かへの批判だったり、世の中への批判などを書きたくなるときはあります。しかし、そういった批判はできるだけ書かないようにしています。

もし書くとしても、自己満足な批判だけではなく、問題提起などをする形で書くことを心がけています。

自己満足の批判は誰の得にもなりません。批判されたほうは嫌な気持ちになりますし、自分にも批判コメントが返ってくるかもしれません。

そうしないために、自己満足の批判は書かないようにしているのです。

また、これは読んでくれる方へ不快感を与えないためでもあります。

批判対象でない読者の方がこういった記事を読んだときにどういう気持ちになるのか考えると、自己満足の批判めいた記事は書けないです。

ということで、僕は自己満足の批判を書いていないか公開前にチェックするようにしています。

③ 自分の感想や考えが書かれているか

これは上の2つとも絡みますが、記事のなかでは自分の感想や考えを書くようにしています。

たとえばグルメ記事であればなにがどのようにおいしかったのか、雑記であれば僕がどんなことを考えているのかを書くようにしています。

ただの情報提供だけにしないようにしています。

これは僕が「ブログは書く人の個性を表現するもの」だと思っているからです。

なので、ブログを公開する前に僕の感想や考えがしっかり反映されているかチェックした上で公開するようにしています。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

この記事では、僕がブログ記事を公開する前にチェックしている次の3つのことを紹介させてもらいました。

  1. 記事内容が情報を提供している、もしくは考えやアイデアを想起させるものであるか
  2. 自己満足の批判だけになっていないか
  3. 自分の感想や考えが書かれているか

今回書いたことはあくまで僕が公開する上でのルールなので、他のブロガーさんは違っていることもあるかもしれません。

ブログは自分メディアなので、どのように書いても自由です。

読者をあおって炎上を狙うというやり方も一つの方法かもしれません。

でも、できたら読む人に不快感を与えず、ちゃんと情報発信していきたいものです。

そういった意味で、今回紹介した3つのことは、読者の人を離れさせない大事なことと言えるでしょう。

更新履歴

2016年 9月 9日 オリジナルコンテンツを公開しました。
2020年 6月 9日 全文をリライトし再公開しました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

就寝中のあることが原因で体がだるく思うように活動できなかった1日 〜 ぐうの東京生活421日目[2020年6月8日(月)]前のページ

昨日のだるさは無事に解消されたが、別の理由でブログ記事更新はあまりできなかった1日 〜 ぐうの東京生活422日目[2020年6月9日(火)]次のページ

 

こちらの記事もどうぞ!

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの読者になってみませんか?

follow

おすすめ記事

  1. 御飯の友
  2. 県庁前グリーンホテル会議室
  3. 凡人の星になる
  4. 想像
  5. ホテルドーミーイン高松

検索

アーカイブ

おすすめ旅行サイト

・Trip-Partner

 

・ぷらたび(https://platabi.com

 

スポンサーリンク

 

PAGE TOP