東京 グルメ情報

el caliente modern mexicano(エル カリエンテ モダン メキシカーノ)(港区港南2丁目):目の前で調理してもううワカモレがおすすめ!メニュー豊富なメキシコ料理が味わえる【グルメ・東京】

今回は、JR品川駅の駅ビル アトレ品川の4階にあるメキシコ料理のお店『el caliente modern mexicano(エル カリエンテ モダン メキシカーノ)』をご紹介。

メキシコ料理のお店は都内にもありますが、他のジャンルと比べるとその数は少ないです。

しかも、タコスだけなどメニューが限定されているところがほとんど。

そんななか、本格的なメキシコ料理が味わえ、メニュー豊富なこのお店は貴重だと言えるでしょう。

もちろん、味は保証つき。

そんな『el caliente modern mexicano』のお店情報と、訪問した際のレポートを紹介していきます!

el caliente modern mexicano 〜 お店情報

今回紹介する『el caliente modern mexicano』は、JR品川駅に併設されている「アトレ品川」の4階にあるメキシコ料理のお店です。

お店の外観・店内の様子

「アトレ品川」の4階フロアには他にもいくつかの飲食店が入っています。そんななかを歩いていると『el caliente modern mexicano』のロゴが入ったお店が見えてきます。

エル カリエンテ モダン メキシカーノ お店の外観

赤唐辛子のデザインが目につきますね。

店内はテラス席もあり、開放的な空間。お店に入るまでもなく、店員さんの動きなどがすぐに分かります。

アトレ品川内のお店ということもあり、カップルや家族連れも多いです。

メニュー

メキシコ料理ということで、ワカモレナチョスタコスといった料理を中心に。

エル カリエンテ モダン メキシカーノ メニュー

こちらのメニューには、メキシコ料理の定番ワカモレやナチョスを中心としたメニューが。

エル カリエンテ モダン メキシカーノ メニュー

こちらには、タコスを中心としたメニューが記載してあります。かなり種類が多いので、どれを選ぼうか迷ってしまうほど。

メキシコ料理というと唐辛子やハバネロなどの香辛料が使われていて辛いイメージがありますが、このお店の料理は辛いものから辛さのないものまでいろんな種類のものが用意されています。

お酒もビールをはじめ、メキシコの定番のお酒 テキーラやカクテル、ワインなど様々なメニューが用意されています。

料理、お酒ともにいろんなものを楽しめるお店です。

el caliente modern mexicano 〜 詳細情報

店名:el caliente modern mexicano(エル カリエンテ モダン メキシカーノ)
住所:東京都港区港南2-18-1 アトレ品川 4F
電話番号:03-5495-7261
営業時間:11:00〜21:00
定休日:不定休(アトレ品川に準ずる)
予約:
クレジットカード:カード可(VISA、Master、JCB、AMEX、Diners)
席数:164席(テラス席あり)
駐車場:あり
ホームページ:

https://www.huge.co.jp/restaurant/modern-mexicano/elcaliente

マップ・アクセス

電車でのアクセス

JR山手線品川駅(港南口) から徒歩1分
JR山手線高輪ゲートウェイ駅から徒歩10分
京急本線北品川駅から徒歩10分

バスでのアクセス

横浜京急バス 上大岡駅方面 金沢文庫駅ゆき / 品川駅バス停から徒歩5分

el caliente modern mexicano 〜 訪問レポート 2020年11月

2020年11月4日(土)に奥さんと二人でランチをいただきました。

当日の様子

土曜日のランチタイムということもあり、家族づれやカップルなどたくさんのお客さんで賑わっていました。

エル カリエンテ モダン メキシカーノ 店内

この時はまだ席に空きがありましたが、この後どんどんとお客さんが入ってきて、店内はほぼ満席状態になりました。

当日いただいた料理たち

たくさんの種類があるメニューのなかから、今回いただいたのはこんな料理たちでした。

エル カリエンテ モダン メキシカーノ パシフィコ

まずは、メキシコのビール「PACIFICO(パシフィコ)」で乾杯!喉をうるおします。

まず最初にきたのがタコス。

エル カリエンテ モダン メキシカーノ タコス

正式には「ポーク・カルニータス」(手前)と「牛ホホ肉のタコス」。

「ポーク・カルニータス」は、オレンジで煮込んだ豚肉にミントやコリアンダー、フルーツを使ったサルサを挟んだタコス

「牛ホホ肉のタコス」は、牛ホホ肉の赤ワイン煮にフレッシュチーズとピリ辛サルサを挟んだタコス

タコス専門店だとトルティーヤの硬さがハードとソフトで選べるところもありますが、このお店はソフトタイプ。もちもちとした食感でした。

どちらも肉の旨みが感じられ、スパイシーさもあり、ビールが進みました!

続いてきたのが、タコを使ったこちらの料理。

エル カリエンテ モダン メキシカーノ タコの漁師風

タコの漁師風」。タコを辛味のあるトマトソースでじっくり煮込んでいる料理です。

この料理もピリ辛感があり、ビールがどんどん進みました。

次の料理は店員さんに目の前で調理してもらいました。

エル カリエンテ モダン メキシカーノ ワカモレ調理中

店員さんがワゴンとともにやってきて、目の前で調理してくれます。

そして、できた料理がこちら。

エル カリエンテ モダン メキシカーノ ワカモレ・フレスコ

名物!ワカモレ・フレスコ」です。アボカドを潰して、トマトなどと一緒に混ぜ合わせている料理。メキシコ料理では定番の一品です。

これを左側にあるナチョスにつけていだだきます。

アボカドがかなり濃厚です。ナチョスによく合います。

このあと、お酒をもう一杯。

エル カリエンテ モダン メキシカーノ テキーラ・ハイボール

今度は「テキーラ・ハイボール」を。炭酸のシュワシュワ感とライムの爽快感でさっぱりと飲めます。

炭酸が入っているので、こちらもメキシコ料理によく合う一杯です。

そして、この日の最後の料理がこちら。

エル カリエンテ モダン メキシカーノ 海老と5種野菜のエンチラーダ

海老と5種野菜のエンチラーダ」です。メキシコのグラタンだそうです。

洋食で出てくるグラタンとは見た目がちょっと違いますね。

でも、たくさんの具材にとろっとろのチーズがかかっていて、いろんな食感が楽しめる一品でした。

この日のぐう的感想

タコスだけは自分で作って食べたり、専門店で食べたりしていましたが、それ以外のメキシコ料理を味わったのは久しぶりでした。

今回食べた料理はどれも美味しく、お酒が進みました。

お客さんが多いのも納得です。

そのなかでも、ワカモレは目の前で調理してもらい、濃厚なアボカドがナチョスによく合っていました。

また、タコスも中の具材がとても美味!他の料理もお酒にとてもマッチしていました。

店員さんの接客もよく、気持ちよく食事ができたのもよかったです。

今回はランチということで量としてはあまり食べなかったんですが、次回はディナーでもっといろいろと食してみたいです!

el caliente modern mexicano 〜 予約はこちらから

かなりの人気店で特に土日は満席になることが多いので、事前に予約しておくことをおすすめします!

el caliente modern mexicanoの食べログ予約はこちら

2021年3月レビュー[ブログ編]:時間の余裕がありブログに取り組む時間はあったものの、気力が足りなかった1ヶ月前のページ

平日はライティングの仕事、ブログ記事更新を中心に、週末は都内散策を楽しめた1週間:ぐうの東京生活705〜711日目[2021年3月29日(月)〜4月4日(日)]次のページ

 

こちらの記事もどうぞ!

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの読者になってみませんか?

follow

おすすめ記事

検索

アーカイブ

 

スポンサーリンク

 

PAGE TOP