地域情報

  公開日:2017/11/30     更新日:2017/12/01

中央区本荘 天然温泉 湯らっくす 〜 JRの駅に近く、地元だけではなく他県の人にもおすすめ!料金や館内の様子などをご紹介【地域情報・熊本】

 

 

熊本は「火の国」と呼ばれるだけあり温泉が豊富な土地です。有名なところでは黒川温泉阿蘇地区の温泉などがあります。

これらは熊本市外の温泉ですが、熊本市内にもたくさんの日帰り温泉施設があります。

そんな数ある日帰り温泉施設のなかから一つを選び、紹介していきます。

これまで、次のような温泉施設を紹介しました。

今回は熊本市中央区にある「天然温泉 湯らっくす」をご紹介。

JR熊本駅の隣駅であるJR平成駅から歩いて行けるため、利便性の良い温泉です。

では、紹介していきましょう!

 

スポンサーリンク

 

中央区本荘 天然温泉 湯らっくす 〜 JRの駅に近く、地元だけではなく他県の人にもおすすめ!料金や館内の様子などをご紹介【地域情報・熊本】

今回、紹介する「天然温泉 湯らっくす」は熊本市中央区の本荘にある日帰り温泉施設です。

湯らっくす

▲大きな通りに面しているため、分かりやすいです。

熊本の主要ターミナル駅である「JR熊本駅」から電車で4分ほどのところにある「JR平成駅」のほど近くにあります。

湯らっくす玄関

▲「湯らっくす」の玄関。少し段差がありますが、身障者や老人の方にも入りやすい作りになっています。

温泉の紹介

泉質はカルシウム・ナトリウム-塩化物温泉で、体を温める効果が大きく、血液の循環を促し筋肉をほぐす効果のある温泉です。疲労回復、運動機能障害、打ち身、捻挫、五十肩、筋肉痛、関節痛、冷え性、神経痛、痔、健康増進、病後回復などの効用があります。

「湯らっくす」には次のようなお風呂があります。

  • 一般風呂
  • 半身浴
  • 電気風呂
  • ジャグジー
  • 露天風呂
  • サウナ
  • 備長炭使用蒸し風呂
  • メディテーションサウナ
  • 水風呂

この中のひとつ、「メディテーションサウナ」ってどんなサウナだと思います?「メディテーション」だからサウナしながら瞑想できるんでしょうか?

ということで、いつもはあまりサウナには入らないのですが、このメディテーションサウナに入ってみることにしました。そうすると……

いたって普通のサウナでした。笑

ただ、かすかに瞑想用の音楽がかかっています。音楽を聞きながら瞑想ができるということですね。

でも、入っている皆さんは瞑想している感じではありませんでした。笑

また、「備長炭使用蒸し風呂」にも入ってみました。こちらは蒸し風呂ということで、中はものすごい湯気がたっており、あまり周りが見えません。かすかに炭の香りがしました。

入浴料金

「湯らっくす」は2階建てになっており、1階のみ利用するのか、2階も利用するのかによって料金が変わってきます。

1階のみ利用の場合、温泉サウナ、1階にある休憩スペースが利用できます。

利用料金は次のようになっています。

1階のみ利用 利用料金

  • 大人(中学生以上)   :590円
  • 小人(4才〜小学生6年生):300円

なお、貸しバスタオルとフェイスタオルは利用料金のなかには含まれていないため持参するか、別途、料金が必要です。

2階も利用する場合、温泉とサウナに加え、2階にあるマンガも読める休憩室個室マッサージルーム食堂などを利用できます。

2階も利用 利用料金

  • 大人(中学生以上)   :1,300円
  • 小人(4才〜小学生6年生):650円

料金には館内着のほか、タオル、ボディタオル、カミソリ(男性のみ)が含まれます。

湯らっくすアメニティ

▲館内着以外にセットになっているもの。ちなみに、男性のタオルは脱衣場に用意されています。

また、2階にはドミトリー(簡易宿泊用ベッド)があり、素泊まりすることもできます。

その際は、別途、深夜料金 1,080円が必要です。

館内の様子

2017年7月15日にリニューアルオープンしているため、館内はとてもきれいです。

ここでは2階の様子を紹介します。

湯らっくす館内

▲ホテルのような雰囲気も漂う館内。日帰り温泉とは思えない雰囲気です。

ロッカールーム・メイクルーム

1階のみ利用の場合は脱衣場だけしかありませんが、2階には館内着に着替えるためのロッカールームがあります。

湯らっくす ロッカールーム

▲かなり広めのロッカーです。

湯らっくす メイクルーム

▲ロッカールームの隣にあるメイクルーム

湯らっくす メイクルーム備品

▲整髪料などが充実しています。

湯らっくす ドライヤー

▲なんとここにはダイソンのドライヤーが!初めて使ってみましたが、この小ささながら風量がかなりありビックリです。

休憩室

館内の奥に行くと、休憩室があります。

湯らっくす 休憩室

▲フラットなシートが15席ほどあります。テレビも見られるシートもあります。

湯らっくす マンガ棚

▲休憩室に行くまでの通路にはマンガの棚が。このマンガはもちろん読み放題。種類がたくさんあるので、読み飽きないでしょう。

ドミトリー

休憩室のさらに奥にはドミトリー(簡易宿泊用ベッド)があります。

湯らっくす ドミトリー

▲カプセルホテルのようですね。下のマットレスが薄いので、寝心地はあまりいいとは言えないです。

スタディラウンジ

ロッカールームに続く通路には、なんとiMacが4台も!

湯らっくす スタディラウンジ

▲本当にホテルのよう。

施設内サービス

施設内には、温泉・サウナの他に、食堂、マッサージやあかすりなどがあります。

2階レストラン「ゲンキ食堂」

湯らっくす レストラン

2階にあるレストランです。カフェのようなオシャレな雰囲気。

定食をはじめ、麺類、丼物、おつまみ系のメニューがあります。お酒も飲めるため、入浴後のビールもいけますよ。

湯らっくす レストラン定食

▲今回はチキン南蛮定食を。右上にある野菜は阿蘇で採れたサンチェです。定食に180円追加でつけることができます。

マッサージ・あかすり

マッサージは指圧マッサージ、足つぼマッサージ、タイ古式マッサージ(2階のみ)があります。
料金はマッサージやメニューによって変わってきますが、一部を紹介すると、

  • 指圧マッサージ:50分 4,300円〜
  • 足つぼマッサージ:40分 4,000円〜
  • タイ古式マッサージ:50分 4,300円〜

となっています。

あかすりはあかすりメニューとオイルマッサージメニューがあり、そのセットもあります。

料金の一部を紹介すると、

  • あかすり ショートコース:30分 3,500円
  • あかすり スタンダードコース:40分 4,500円
  • あかすり フルコース:60分 6,500円
  • オイルマッサージ ショートコース:50分 5,500円
  • オイルマッサージ スタンダードコース:70分 7,500円

となっています。

アクセス方法

最寄駅は「JR平成駅」で、ここから歩いて3分ほど

最寄りのバス停は「世安町バス停」「南本荘バス停」で、ここから歩いて2、3分ほどです。

また、自家用車やタクシーでも来ることができます。170台収容の無料駐車場があり、かなり余裕があります。

湯らっくす駐車場

▲かなり広い駐車場です。

営業時間、ホームページ、マップ

最後に営業時間、マップなどを紹介します。

  • 営業時間:10時〜翌朝8時(8時〜10時までは清掃時間)
  • レストラン:朝食 6時〜10時 通常メニュー 11時30分〜25時15分
  • ドミトリー:24時間年中無休営業(チェックアウト 翌朝11時)
  • ボディケア・あかすり:あかすり・2階マッサージ 11時〜翌2時 1階マッサージ 11時〜24時
  • ホームページ:http://www.yulax.info/
  • マップ:
    熊本市中央区本荘町722

 

スポンサーリンク

 

まとめ

熊本市の日帰り温泉施設「天然温泉 湯らっくす」を紹介しました。

JR平成駅にほど近く、熊本駅からも近いため、旅行の合間などにも立ち寄れる温泉です。

今回は施設の2階を紹介しましたが、温泉・サウナに関しては1階のみ利用者も2階も利用する人も同じお風呂に入れます。

ただ、2階も利用したほうがマンガなどを読みながらゆっくり過ごせるのでおすすめです。料金は高めですが、それだけの価値はあります。

僕も雰囲気が良すぎて、ずっとここにいたい気分になりました。

熊本県内の人も、他県から観光に来ている人も、疲れを癒やしてゆったりしたいときにとてもおすすめの温泉です!!

熊本市内の他の温泉施設もどうぞ!

 

 

最近の記事はこちら

 

 

 

関連記事

  1. COCOSA
  2. 鉄×馬Dining Jero 店内
  3. 鶴屋本館

    地域情報

    熊本の老舗デパート鶴屋百貨店は一つの娯楽施設だ!!【地域情報・熊本】

    熊本市内の繁華街にはデパートが2つあります。一つは全国展開…

  4. 第4回 熊本ブロガー会
  5. くまモンスクエア
  6. 阿蘇

    地域情報

    福岡出身の僕が”福岡もかなわない”と思う熊本の3つの良いところ【地域情報・熊本】

    熊本市内に住み始めて1年5ヶ月。住み始める前に熊本地震が発生し、その後…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの読者になってみませんか?

follow

おすすめ記事

  1. 阿蘇

検索


アーカイブ

  1. ブログ

    ブログの毎日更新をやめて2週間! 〜 アクセス数からわかった更新頻度の次に大事な…
  2. 第4回 熊本ブロガー会

    地域情報

    第4回 熊本ブロガー会を開催!! 〜 参加人数が過去最高となった今回はこれまで以…
  3. 『新しい文章力の教室』

    ブック 書評

    『新しい文章力の教室』 by 唐木 元:読ませるための文章の書きかたが凝縮されて…
  4. 第2回 熊本ブロガー会

    ブログ

    第2回 熊本ブロガー会を開催しました! ~ テーマはカテゴリー分けとネタ集め。ブ…
  5. ブログを挫折せずに続けられるコツ

    ブログ

    2年間毎日更新してきた僕が教えるブログを挫折せずに続けられる10のコツ【ブログ】…
PAGE TOP