エッセイ

ノマドワークしようとして大失態!来週月曜日に備えて読んだ本から多くの気づきを与えられた一日[何気ない日常の気づき日記]

 

 

今日もちょっくらノマドワークを。

と思って外出したのですが、大失態を犯してしまいました(笑)。

でも、やることはしっかりできましたよ!

そんな2018年4月20日(金)の気づき日記を書いていきましょう!

※ちなみにアイキャッチはノマドワークの帰りに撮ったツツジです。

 

スポンサーリンク

 

ノマドワークしようとして大失態!来週月曜日に備えて読んだ本から多くの気づきを与えられた一日[何気ない日常の気づき日記]

午前中はブログ更新と、22日に実施する予定の「ブログメンテナンスサービス」の準備を。

そして、午後からは天気が良かったので、ノマドワークしようと外出。

今日はポカポカというより、もう夏のような暖かさでした。

で、ちょっと遠くまで行こうと市電に乗ったのですが……

電車の中でリュックが軽いことに気づき、中身を調べてみると……

なんと!パソコンを持ってきていませんでした!!(汗)

まだ、市電に乗ってそんなに遠くまで行ってなかったので、いったん降りて取りに帰ろうかと思ったんですが、スマホでできることと読書をやろうということで取りには帰りませんでした。

ということで、今日のノマドワークは23日(月)の準備をすることに。

この日、福岡でプロフェッショナルブロガーの立花 岳志さんのセミナーがあるんですが、新刊を記念したセミナーであるため、その新刊を読み終えたり、セミナー後に開催する予定の食事会のお店を予約したりしました。

おかげで、23日に向けての準備を進められました。パソコンなくてもなんとかなりました!

 

スポンサーリンク

 

2018年4月20日のぐうの気づき

今日、立花 岳志さんの新刊『「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる』を読了しました。

書評はまた別記事で書きますが、今日の気づきはこの本の内容から。

この本の後半には、お金についてのことが書かれているんですが、そのお金のことでハッと気づかされたことがありました。

それは、

「ほとんどの人は収入という枠組みの中でしか生きていない。そして、”そのお金は使えばなくなってしまうもの”という価値観のため、その範囲内での生活におさまっている」(今日の気づき)

ということ。

ほとんどの人にとっては当たり前のことですよね。僕もまだこういう生き方をしています。

これは会社で働いて給料をもらっている人であればそう思うのも仕方ないでしょう。

でも、なにがあろうとも自分の力で稼げることがわかっていればどうでしょう?会社なんかに頼らなくても自分で稼げれば。

そうすると、会社からもらう給料の金額が収入だけにとらわれるのではなく、自分のやり方次第で会社からの給料以上の生活ができるのではないでしょうか?しかも、自分を高めるためにお金を使えば、その上限は無限大です。

“そんなの無理だよ〜”と思ってなにもやらなければ、それまでです。

自分の価値を信じて、それができることを信じて、自分を高めていくことが大事なんではないでしょうか?

今は副業も認められてきました。

みんなが会社という枠組みだけで生きるのではなく、自分の可能性を信じてその枠組みを突破していければ(僕を含めて)、もっと素敵な世界になるんだろうな〜と思った一日でした。
 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

 

 

 

こちらの記事もどうぞ!

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの読者になってみませんか?

follow

おすすめ記事

  1. 全員転職時代のポータブルスキル大全
  2. 変化
  3. とら
  4. パーティ

検索

アーカイブ

  1. 世界一やさしいブログの教科書1年生

    ブック 書評

    『世界一やさしいブログの教科書1年生』 by 染谷昌利:ブログ初心者をはじめ、い…
  2. ブログサポートサービス

    ブログサポートサービス実施レポート 〜 予定時間をオーバーするもしっかり対応。僕…
  3. 「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる

    ブック 書評

    『「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる』 by 立花 …
  4. ブログ

    10月からアクセス数が落ち始めていた原因の一つはAMPプラグイン?【ブログ】
  5. ブログの楽しさを伝えるシリーズ その4

    ブログ

    ブログで成長することができる! 〜 ブログの楽しさを伝えるシリーズその4
PAGE TOP