エッセイ

最近気になっているキーボードの実機を触りに行き、使う道具にはこだわるべきだと実感した一日[何気ない日常の気づき日記]

今日は仕事と自分のブログの記事、そして知り合いの方のサイトに寄稿する記事と書き上げた一日。

天気も良かったのでノマドワークもしてみました。

そんな2018年5月15日(火)の気づき日記を書いていきましょう!

最近気になっているキーボードの実機を触りに行き、使う道具にはこだわるべきだと実感した一日[何気ない日常の気づき日記]

今日は仕事で1本、ブログ記事を2本、そして知り合いのサイトに投稿する記事を1本、計4本の記事を書き上げました。

文字数にして、6,010文字。

もう少し書きたかったところですが、今日は他のこともやったのでこれくらいで終わりました。

そして、今日は天気が良かったのでノマドワークも。今日は”もう夏か?”と思えるほど、とても暑かったですが、ノマドワーク自体は室内なので特に問題ありませんでした。(笑)

また、外に出たついでに新しくやったこと、それは「外付けキーボードをお店で触ってみること」。最近、ある本を読んで、文章入力を効率化するためには、キーボードにもこだわりを持った方がいいと書いてあったので、気になりだしたのです。

ということで、近くの家電量販店に行って、キーボードを実際に触ってみました。

キーボードって、いろんな仕様のものがあるんですね。

これまで僕はたくさんのパソコンに触れてきましたが、そのパソコンに付属しているものをそのまま使っていて、特にキーボードについてはあまり意識していませんでした。デスクトップとノートパソコンのキーボードが違うというくらいの認識でした。

でも、キー構造の種類がいろいろとあるんですね。そして、それによってタイピングの感覚も変わってくるんですね。実際に触ってみて、それを感じることができました。そして、キーボードを使う目的によって、最適なキーボードも変わってくるのだということも分かりました。

実際に触ってみることは大事ですね。

 

スポンサーリンク

 

2018年5月15日のぐうの気づき

今日、「外付けキーボードをお店で触ってみること」をやってみて気づいたこと。

それは、

「実体験することが大事だ」(今日の気づき)

ということです。

僕はこれまでキーボードについては特に意識していませんでした。それは、キーボードによってそんなに違いはないだろうと思っていたからです。

確かにキーストロークや押下圧などがそれぞれ違っていて入力のしやすさが変わってくることは知っていましたが、そんなに違いはないだろうと思っていたのです。

だから、これまで外付けキーボードのことは全然意識したことがありませんでした。

しかし、今日、実際に触ってみて、キーボードにはいろんな種類のものがあり、それによってタイピングのしやすさが違うということを実感できました。

ライターやブロガーとして活躍している人にとっては当たり前のことなのでしょうが、文章を書くことを仕事にしている僕も毎日使っているキーボードにこだわるべきですね。

ただ、今日行った家電量販店には、お目当てのキーボードがなかったんですよね。もっと大きな家電量販店に行かねばです。(笑)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

ライティングに集中した結果、納期前に納品でき、仕事の達成感を味わう方法に気づいた一日[何気ない日常の気づき日記]前のページ

うちに以前からあったモバイル用の外付けキーボードを使ってみて楽しむことができた一日[何気ない日常の気づき日記]次のページ

 

こちらの記事もどうぞ!

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの読者になってみませんか?

follow

おすすめ記事

  1. カーラ・カーラ あか牛の薄切りステーキ
  2. 熊本ラーメン
  3. ねぶた祭り

検索

アーカイブ

おすすめ旅行サイト

・Trip-Partner

 

・ぷらたび(https://platabi.com

 

スポンサーリンク

 

PAGE TOP