東京生活日記

GW3日目。ようやく行動開始!まずは久しぶりの関西旅行でスタートした一日 ~ ぐうの東京生活16日目[2019年4月29日(月)]

どうも、ぐう(@Gu_Taro)です!!

ゴールデンウィークも3日目に突入しましたね。

僕はここ2日は自宅がある東京でのんびりしていましたが、いよいよこの日から活動を開始しました。

まずは、久しぶりの関西旅行に。しかも、初めての宝塚に行ってきました。

そんな2019年4月29日(月)の東京生活日記、いってみましょう!

 

スポンサーリンク

 

2019年4月29日(月)の出来事

この日から関西旅行に出発。移動のための飛行機が午前中だったため、慌ただしい朝となりました。

準備を済ませ、急いで自宅を出て1時間ほどかけて羽田空港に到着。

ちょっと慌ただしかったものの、10時30分伊丹空港行きの飛行機で出発できたのでした。

そして、予定時間よりも少し遅れてましたが、無事に伊丹空港に到着。

その後、大阪在住の親戚の方が迎えに来ていたので合流し、一緒に昼食を食べ、宝塚へ。

宝塚は以前、高速のサービスエリアに立ち寄ったことがありますが、宝塚歌劇団の劇場がある駅に行くのは初めて。

阪急宝塚駅を出ると、さっそく宝塚歌劇団の銅像が。

あちこちに宝塚歌劇団のポスターなどが貼ってあり、まさに宝塚歌劇団ワールド。街全体で世界観を作り出しているところは、さすが宝塚と思いました。

駅に着いてまず、この日泊まる旅館にいったん荷物を置きにいくことに。

それから、宝塚市で生活していた手塚治虫先生の記念館に行くことになったのでした。

「手塚治虫記念館」までの道の途中には宝塚歌劇団の劇場も!

旅館から10分ほど歩いて到着しました。

記念館の前には「火の鳥」の像などもあり、中に入る前から気持ちが盛り上がります。

記念館のなかには、手塚治虫先生のこれまでの功績や作品などが展示されており、あらためて先生のすごさに感動しました。

館内には、鉄腕アトムブラックジャックの像もありましたよ~!

手塚治虫先生の作品はこれまでたくさん読んできましたが、あたらめて読み直してみたくなりました!

その後は旅館に戻り、温泉に入ったり、夕食を食べたりして、ゆっくりと過ごしたのでした。

 

スポンサーリンク

 

2019年4月29日(月)の東京生活の気づき

この日は東京よりも宝塚市で過ごした時間が多かったので、こちらでの気づきを。

初めて「手塚治虫記念館」に行きましたが、「やはり手塚治虫先生はすごい!」の一言でした。

でも、その裏にはたくさんの努力と試行錯誤があったんだということを、失礼ながらこの日知ることになりました。

あんなにたくさんの作品を描き、愛される作品を生み出したのも、手塚治虫先生がたくさんの絵を描き、どうやったら読者に楽しんでもらえるかたくさん試行錯誤してきたからです。

そんなことを知って、恥ずかしながら、ブロガーとしての僕はまだまだだと感じました。

どうやったら読者の方にもっと役に立つ記事を書けるか、どうやったらもっと楽しんでもらえる記事を書けるか、もっともっと試行錯誤していかなければと思い直した次第です。

宝塚市に初めて来てみて、そんなものすごい収穫を得た一日となりました!

[今日の気づき]
ブロガーとして成長するためにも、もっともっと記事を書き、試行錯誤していこう!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
 

こちらの記事もどうぞ!

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの読者になってみませんか?

follow

おすすめ記事

  1. あわび・うにのせのせ丼
  2. 『マンガで学ぶ心屋仁之助のお金を引き寄せる体質改善!』

検索

アーカイブ

おすすめ旅行サイト

・Trip-Partner

 

・ぷらたび(https://platabi.com

 

スポンサーリンク

 

  1. 熊本ブロガー会

    僕が熊本ブロガー会を開催し続ける3つの理由【ブログ/熊本ブロガー会】
  2. 日記ブログでもきちんと読んでもらえる5つのコツ

    ブログ

    日記ブログでもきちんと読んでもらえる5つのコツ【ブログ】
  3. 第2回 熊本ブロガー会

    熊本ブロガー会

    第2回 熊本ブロガー会を開催しました! ~ テーマはカテゴリー分けとネタ集め。ブ…
  4. 伝わる文章の書き方

    ブック 書評

    『伝わる文章の書き方』 by 高橋 廣敏 〜 漠然と書いている文章の書き方がスッ…
  5. 世界一やさしいブログの教科書1年生

    ブック 書評

    『世界一やさしいブログの教科書1年生』 by 染谷昌利:ブログ初心者をはじめ、い…
PAGE TOP