東京生活日記

最近の時間の使い方を考え、あることに費やす時間を増やすことにした一日 〜 ぐうの東京生活51日目[2019年6月3日(月)]

 

 

どうも、ぐう(@Gu_Taro)です!!

6月に入り最初の月曜日。通常通りの週はじめの業務をこなしながら、今後の仕事の調整なども。

最近、インプットが少ないと感じていたので、あることも増やしていくことにしました!

そんな2019年6月3日(月)のぐうの東京生活日記スタートです!

 

スポンサーリンク

 

2019年6月3日(月)の出来事

週はじめということで、毎週恒例になっている週次レビューからスタート。先週を振り返り、今週やることを計画していきました。

今週は、熊本ブロガー会の準備などやることが多いので、一つ一つ忘れないように確認。

その後午前はいつものようにブログ記事更新をし、熊本のブロガーさんに依頼されているブログサポートサービスの調整。6月下旬に熊本に帰る予定になっていて、その際にサービス提供しようと考えているのでその日程や内容などを調整しました。

午後に入ってからは、家庭菜園をすることになったので園芸用品を買うついでにウォーキングを。この日は西新宿方面に行ってみました。

神田川
この日も写真を。神田川にかかる栄橋。都会のなかにもこういった自然を感じられるのはいいですね!

買い物も含めて2時間くらいウォーキングしてました。

帰宅後は読書を。冒頭に書いていたあることとは「読書」のことだったんです。

これまでSNSを見ることが多かったんですが、有益な情報はあまり入らないし、Twitterでは同じような情報ばかりでうんざりして、これは自分のためになるのかと最近感じていたんです。

そこで思ったのが、「それだったら、読書をした方がいいのでは?」ということでした。読書の方が情報としてはまとまっていますし、Twitterよりは情報が正確です。

ということで、読書量を増やすことにしました。最近あまり使っていなかったKindleやウォーキングしながらオーディオブックも復活させました。

これからはもっと読書ライフを楽しんでいきたいです!

 

スポンサーリンク

 

2019年6月3日(月)のぐうの東京生活での気づき

この日、読書量をもっと増やしていくことにしました。それはSNSばかり見ていては生活が充実しないとも思ったからです。

毎日の生活の充実度って、その日、自分に何ができたのかが一つの要因になるでしょう。仕事で何かをやり遂げた、自分がやりたいと思っていたことを実現できたなど。

という意味では、SNSはただ眺めているだけのことが多いので、自分の意志で何かをやり遂げたという実感がありません。

また、誹謗中傷なども多いため、自分に対してのツイートでなくても、こちらも気持ちが落ち込むことやイライラすることもあるものです。

でも、読書は自分が読みたいと思う本を読むので、「本を読んだ!」という達成感があります。気持ちが落ち込むこともないでしょう。

SNSで得られる情報も決して無駄だとは思いません。でも、有益な情報だけであればいいですが、なかには自分の気持ちを変えてしまう情報もあるわけです。そういう情報が流れてくるものに自分の時間をあまり使わないほうがいいでしょう。

生活を充実させるためにも、自分が必要とする情報を得ることに時間を費やしていこうと決めたのでした!

[今日の気づき]
SNSを見るよりも本を読むほうが生活は充実する!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

 

 

 

こちらの記事もどうぞ!

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの読者になってみませんか?

follow

おすすめ記事

  1. やらなければいけないこと
  2. 『新しい文章力の教室』

検索

アーカイブ

  1. 『新しい文章力の教室』

    ブック 書評

    『新しい文章力の教室』 by 唐木 元:読ませるための文章の書きかたが凝縮されて…
  2. 熊本ブロガー会

    第5回 熊本ブロガー会開催レポート 〜 テーマだけではなくブログについてざっくば…
  3. 県庁前グリーンホテル会議室

    熊本ブロガー会

    熊本初となるブロガー会を開催!!〜ブログの悩みを共有しあえて楽しかった!!【ブロ…
  4. ブログ

    10月からアクセス数が落ち始めていた原因の一つはAMPプラグイン?【ブログ】
  5. 第10回熊本ブロガー会コラボイベント

    熊本ブロガー会

    第10回 熊本ブロガー会開催レポート ~ 初のコラボイベントはとても盛り上がり素…
PAGE TOP