ホテルドーミーイン高松

香川 地域情報

さぬきの湯 ドーミーイン高松:繁華街が近く大浴場もある便利なホテル【地域情報・香川】

先日、旅行したときに泊まった香川・高松のホテルがいろいろと便利で快適でした!

早速紹介しましょう!!

今回泊まったホテルは…

香川県高松市にある さぬきの湯 ドーミーイン高松 です。

琴平電気鉄道 瓦町駅から歩いて5分~10分のところにあります。

周りには繁華街が広がっており、食事などには不自由しません。

繁華街の中にありますが、騒音などでうるさくはありませんでした。

立地的にはとてもいい場所です。

お部屋は…

部屋の中はとてもきれいです。

今回セミダブルの部屋を予約しましたが、広さはそれほど広くはありませんでした。

{B8B220A2-C7FF-4F91-9221-66CB62960F91}

▲セミダブルベッド。サイズ的には普通でした。

{035B9EBC-1DC8-45BE-BDDB-1BB3F6A9F5FC}

▲ちょうど枕の向かい側にテレビが設置してあります。寝ながら観ることができます。

{00EE36D1-5D25-4404-B658-CE684A28E4A6}

▲デスクは作業するにはちょうどいい広さでしょうか。今回は特に活用しませんでしたが…

{8E23373A-FE48-4B81-A353-0FAE46A84D33}

▲洗面台もとてもきれいで清潔でした。バスとは別になっているのがいいですね!

{5EB057BE-CAB8-4F83-8A53-A45C7EB7B8B2}

▲アメニティ類は歯ブラシ、カミソリ、ヘアブラシ、綿棒と一通りそろっています。

{2E1CAE81-B61E-414D-82CA-487D24B8C251}

▲トイレも清潔感があります。バスと独立しているのがいいです!

{57D72C2B-DBDE-4748-BADC-74A9755F4DBD}

▲このホテルには大浴場があるため、部屋にはバスではなく、シャワーが設置されています。今回は使用せず。

そして、大浴場!

写真撮影はNGなので撮っていませんが、このホテルには人工温泉の大浴場があります。

大きさはそれほど大きくはありませんが、内湯、露天風呂、水風呂とサウナが1つずつあります。

やはり大きなお風呂に入ってゆっくりするのはいいものですね!!

まとめ

繁華街も徒歩圏内にあり、大浴場もあり、大変便利なホテルです。

部屋もきれいで清潔感があり、大変好感が持てるホテルです。

高松宿泊の際には、おすすめのホテルです!!

ということで、今回紹介したホテルは…

さぬきの湯 ドーミーイン高松

関連記事

  1. 地域情報

    「今年は楽しく前向きに!!新年会 in 熊本」を開催しました!!【地域情報・熊本】

    先週の土曜日に熊本にて今年最初のイベント 「今年は楽しく前向きに!…

  2. 博多駅前陥没現場
  3. 阿蘇

    地域情報

    熊本地震から3ヵ月【地域情報・熊本】

    熊本地震が最初に発生してから3ヵ月がたちました。僕はそのと…

  4. 熊本市街地

    地域情報

    熊本はだんだん活気が戻ってきています!【地域情報・熊本】

    熊本に引っ越してきて1ヶ月がたちました!熊本地震が発生…

  5. 熊本城の桜

    地域情報

    熊本城の桜はやっぱり美しい!! ~ 地震後、初めて咲く熊本の誇れる桜たち【地域情報・熊本】

    このところ天気が悪く、ようやく咲いた桜もなかなか見にいけない状態で…

  6. 熊本市民会館復活ライブ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの読者になってみませんか?

follow

おすすめ記事

  1. あたなのままで奇跡を起こす!
  2. 熟成アンガスビーフの炭焼ステーキ

検索


アーカイブ

  1. ブログの楽しさを伝えるシリーズ

    ブログ

    ブログは自分を表現するツールである! 〜 ブログの楽しさを伝えるシリーズその2
  2. ブログを挫折せずに続けられるコツ

    ブログ

    2年間毎日更新してきた僕が教えるブログを挫折せずに続けられる10のコツ【ブログ】…
  3. 伝わる文章の書き方

    ブック 書評

    『伝わる文章の書き方』 by 高橋 廣敏 〜 漠然と書いている文章の書き方がスッ…
  4. ブログ

    ブログとはなんぞや?ブログの基本的なことについて 〜 ブログの楽しさを伝えるシリ…
  5. 世界一やさしいブログの教科書1年生

    ブック 書評

    『世界一やさしいブログの教科書1年生』 by 染谷昌利:ブログ初心者をはじめ、い…
PAGE TOP