第15回 瑞鷹支援東京有志会

東京生活日記

熊本の日本酒「瑞鷹」のイベントに参加し、日本酒の飲み過ぎは危険なことをあらためて認識した1日 〜 ぐうの東京生活244日目[2019年12月14日(土)]

どうも、ぐう(@Gu_Taro)です!!

今日は昼過ぎからあるイベントへ。

そのイベントとは「第15回 瑞鷹支援会」「瑞鷹」とは、熊本市にある瑞鷹株式会社で生産されている日本酒です。

この会は参加者の皆さんと瑞鷹株式会社が生産している日本酒や焼酎を飲みながら、美味しい料理を食べ、参加された皆さんと会話を楽しむという会。瑞鷹は東京都内でも販売されていますが、この会では東京で手に入りにくいお酒も飲むことができます。

今回の会場となったのは、中野区新井薬師あいロード商店街にある民泊施設「月のとびら」

 
月のとびら
3階建てで、おしゃれでとてもいい感じの施設です。

会場はこの施設の2階にあるリビングルーム。

第15回瑞鷹支援会
室内階段からだけではなく、外にある階段から直接このリビングルームに入れるようにもなっています。

第15回瑞鷹支援会
今回は、瑞鷹株式会社が生産している日本酒5銘柄焼酎2銘柄が提供されました。そして、美味しい料理の数々。

お酒も料理もとても美味しく、また参加された皆さんとたくさん会話でき、とても楽しかったです!

ただ、日本酒があまりに美味しかったため、ちょっと飲みすぎてしまいました……やはり日本酒の飲みすぎは危険です(笑)。

とはいえ、とても楽しい1日となりました!(※このイベントの詳細は別記事で紹介します)

2019年12月14日(土)のぐうの東京生活での気づき

今回の気づきは、今日参加したイベントから。

第15回瑞鷹支援会

今日は熊本の日本酒「瑞鷹」のイベントに参加したわけですが、4月に引っ越して熊本のお酒のイベントに参加するのはこれで3回目です。

熊本では米焼酎も日本酒も作られています。熊本は阿蘇の伏流水が地下水として使われており水がきれいなので、お酒もたくさん生産されているんですね。

ただ、東京の飲食店ではこういった熊本のお酒をあまり見ることはありません。

特に残念なのは、米焼酎を置いているお店が少ないこと。置いてあるのは圧倒的に芋焼酎か麦焼酎なんです。

熊本には美味しいお酒がこんなにたくさんあるのに、これはとても悲しいこと……

だから、今日のような熊本のお酒のイベントが東京で開催されているんですね。

ということで、僕も球磨焼酎案内人の資格を取得したので、熊本のお酒を東京にもっと広めるべく貢献していきたいと思います!

今日の気づき
熊本のお酒は美味しいが東京の飲食店で見られることをは少ない。だから、東京で開催される熊本のお酒のイベントが多いのだろう。
 
熊本のお酒を東京にもっと広めるべく、僕も貢献していきたい!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

明日のイベントに向け自分で名刺作成をやってみるも、苦戦して完成までにかなり時間がかかってしまった1日 〜 ぐうの東京生活243日目[2019年12月13日(金)]前のページ

昨日のイベントで飲んだ日本酒が残っていて、頭がほとんど働かなかった1日 〜 ぐうの東京生活245日目[2019年12月15日(日)]次のページ

 

こちらの記事もどうぞ!

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの読者になってみませんか?

follow

おすすめ記事

  1. 久留米市 赤垣屋
  2. 山鹿灯籠浪漫・百華百彩

検索

アーカイブ

おすすめ旅行サイト

・Trip-Partner

 

・ぷらたび(https://platabi.com

 

スポンサーリンク

 

PAGE TOP