東京生活日記

久しぶりの近距離旅行で修善寺へ。自然豊かな風景や温泉にいやされ、夕食でワインを堪能できた1日 〜 ぐうの東京生活516日目[2020年9月11日(金)]

どうも、ぐう(@Gu_Taro)です!!

とても天気がよく、気温も高かった東京。

ただ、今日は東京にいたのは午前中までで、昼前から静岡県の伊豆・修善寺に旅行に出発。

修善寺もかなり気温が高く、とても暑かったんですが、ひさしぶりに旅行できてとても楽しい時間を過ごせました。

そんな2020年9月11日(金)を振り返ってみます。

2020年9月11日(金)の出来事

修善寺までの移動は特急「踊り子号」を使って行く予定で正午出発だったので、それまでは旅行の準備を。

そして、10時半前に踊り子号の始発駅である東京駅まで移動開始しました。

東京駅に着いて、昼ご飯として駅弁などを調達。

その後、踊り子号に乗り修善寺に向けて出発しました。

踊り子号に乗ったのは初めて。車両はレトロですが、こういう電車もたまにはいいですね。

電車は品川、川崎、横浜に停車しながら、静岡方面へ。旅行自体も久しぶりでしたが、電車での旅も久しぶり。車窓からの風景を楽しめました。

車内では先ほど購入した駅弁など食べながら。

伊達の牛たん弁当とクラフトビール
いなリ寿司と卵焼き、クラフトビール

そして、三島に到着して伊豆方面に入っていくと、さらに風景が変わることに。

民家が多く、緑も増えてきてきました。なにか懐かしい風景。

電車に揺られること2時間ほど。無事に修善寺駅に到着しました。

修善寺駅に来たのも初めて。

駅周辺の人通りは少なめ。懐かしさを感じる町並みで、僕としては好きな風景です。

今日宿泊するホテルからこの駅に送迎バスが来ることになっていたので、しばしそのバスを待つことに。

5分ほど待っているとバスが来て、ホテルまで送ってもらいました。

10分ほどしてホテルに到着。今回宿泊したホテルはこちらです。

「中伊豆温泉 ホテルワイナリーヒル」

ホテル名にあるように、この近くにはワイナリーがあります。(のちほど見学)

実はこのホテルやワイナリー、そして系列のレストランなど一帯を、カラオケで有名なあのシダックスが運営しているんです。

失礼ながら、このホテルに来るまでそのことを知りませんでした(笑)。

すぐにチェックインを済ませ、部屋へ。

ホテル内の廊下

建物はちょっと古めでした。

しかし、部屋はリニューアルしたのか、とてもキレイでした。今回宿泊したのは洋室ツインルーム。

外光がしっかり入って、室内は明るめ。室内はとてもキレイでした。

また、このホテルには温泉大浴場も完備されています。

このあと、ワイナリー見学に行く予定でしたが、それまでちょっと時間があったので、ちょっくら温泉に入ることに。

温泉につかりちょっとゆっくりしたあと、ワイナリー見学に出発しました。

ワイナリーへはホテルの送迎バスで。

ワイナリーに着いてすぐ、ガイドの方の説明が始まりました。

ここは、シダックスの創業者である志太勉さんが創業したワイナリー

様々なワインを貯蔵しているワインセラーをはじめ、ぶどうが栽培されているブドウ畑などをガイドの方の説明を聞きながら見学していきました。

ワイナリーの建物から見えるブドウ畑

このブドウ畑の奥にはうっすら富士山の姿も。(左上にちょっと顔をのぞかせています)

ワインセラーやレストランなどが入居している建物

見学最後には無料のワイン試飲も。

甘口、辛口、白ワイン、赤ワイン、ロゼまで、様々なワインをいただけました。

それからは、送迎バスの出発時間まで自由時間。

建物の屋上にある「志の鐘」を鳴らしてみたり、ブドウ畑のぶどうを見学してみたり。

ブドウ畑になっていたメルロー

自然豊かな場所だったので、広大な景色を見ているだけで心がいやされました。

見学が終わり送迎バスでホテルに戻ると、夕食までしばらく時間があったので、再び温泉に。

ゆっくりとお湯につかり、今日の疲れをいやしました。

そして、夕食を。このホテルでの食事は、夕食、朝食ともバイキング形式でした。

ただ、新型コロナ対策で、料理を取る際はビニール手袋を毎回つけなければいけません。

一回一回料理を取りに行くのに手袋をつけなくてはいけなかったので、かなり不便でしたがホテルの対応なので仕方ないですね。

ワイナリーヒルということだけあって、ワインは飲み放題。白と赤が1種類ずつ用意されていました。

そして、今日いただいたのはこんな料理たち。

バイキングとは別に用意されていた前菜
こちらもバイキングとは別に用意されていた豚しゃぶ
そして、バイキングでいただいた料理

この他にもいろいろといただきました。

ただ、今回のプランではカニも食べ放題ということでしたが、ズワイガニの足しかなかったのがちょっと残念(笑)。

料理はバイキングだったのでものすごく美味しいというわけではありませんでしたが、ワインに合った料理が多数用意されていて満足でした。

その後は部屋に帰ってゆっくりと。

実は部屋にもワインが1本サービスでついており、またそれを飲んでしまうことに。

今日は、修善寺温泉でゆっくりでき、ワイナリーの自然豊かな風景にいやされ、夕食ではワインを堪能できた1日となりました!

 

スポンサーリンク

 

2020年9月11日(金)のブログ記事更新

9月11日(金)は修善寺旅行で移動時間が多かったので、ブログ記事更新はできませんでした。

新しく体験したこと

9月11日(金)、新しく体験したことは、修善寺旅行に行ったこと。

関東には1997年〜2012年の15年間、そして2019年〜2020年の1年半ほど住んできましたが、修善寺には旅行に行ったことがありませんでした。

ただ、以前から行ってみたい観光地の一つでした。

ということで、今日それが実現できて、とても嬉しかったです。

明日まで旅行するので、楽しんで帰りたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

心地よかったモノ・コト

9月11日(金)、心地よかったのはいろいろとありました。

修善寺駅近くの景色ホテル近くの自然豊かな景色。そして、ワイナリーの広大な景色

ホテルで入浴した温泉大浴場

日常から離れて、これまで見たことがない景色や体験をして、とても心地よかったです。

気づいたこと

新型コロナの影響で半年以上できていなかった旅行ができました。

ただ、まだまだ新型コロナの影響は残っており、面倒さを感じる場面も多々ありました

特にホテルの夕食のバイキングではビニール手袋をつけて料理を取る形でした。

また、マスクも料理を取りに行くときはつけなくてはいけません。

料理を取りにいくたびにどちらもつけなくてはいけなかったので、かなり面倒でした。

ホテルの対応としては仕方ない部分はあるのでしょうが、これだけで食事の楽しみがダウンしてしまいます。

新型コロナの影響がこんなところにも関わっているんだと気づきました。

食事も旅行時の楽しみです。

まだまだ新型コロナの影響は残っていくんだと思いますが、旅行の楽しみがダウンしてしまうようなことは、早く減っていって欲しいと願ったのでした。

今日の気づき新型コロナ対策で食事の楽しみがダウンしてしまった。こんなところにも新型コロナの影響が出てきている。旅行の楽しみがダウンしてしまうようなことは早く減っていって欲しい!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

仕事を中心に活動。久しぶりにノマドワークができて、場所を変えての仕事が楽しめた1日 〜 ぐうの東京生活515日目[2020年9月10日(木)]前のページ

旅行2日目。修善寺、三島の観光とグルメでなごみながらとっても楽しめた1日 〜 ぐうの東京生活517日目[2020年9月12日(土)]次のページ

 

こちらの記事もどうぞ!

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このブログの読者になってみませんか?

follow

おすすめ記事

  1. くまモンスクエア

検索

アーカイブ

おすすめ旅行サイト

・Trip-Partner

 

・ぷらたび(https://platabi.com

 

スポンサーリンク

 

PAGE TOP